競馬の負けはつらい!悔しさを勝ちにつなげる思考法

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて競馬に限った訳ではありませんが

勝負事において連戦連勝なんてありえません。

世紀の名馬であるディープインパクトでさえも生涯全勝はなしえませんでした。

あっ、一応無敗馬もいますけどね。

最近では

2017年のオークス馬、ソウルスターリングや

2020年の阪神ジュベナイル優勝のグレナディアガーズの父である

フランケルが14戦14勝でした(笑)

でも競馬においては勝ち続ける、というより

いずれは負ける日が来ちゃいます。

競馬で負けるとだれでもつらいですよね?

特に狙った馬がハナ差で3着とか4着だったら悶絶ものです。

ひょっとしたら負けのつらさを次の競馬の開催日まで引きづるかも・・・

なんですが考え方を変えれば

負けを勝ちにつなげる思考法があるんです。

という事で今回は

競馬の負けのつらい悔しさを勝ちにつなげる方法をお伝えしたいと思います。

競馬で負けるのは当たり前!問題はその後どうするのか?

当然ですが、競馬で馬券を購入する前からどうせ買っても負けるだろう、

と思う人はいませんよね。

ですが競馬で負けてしまうと

『なんで負けたんだ!』と頭に血がのぼる事もあるでしょう。

そして競馬って面白いもので

勝ち続けるのは難しくても

負け続けるのって割と陥りやすいです。

特に負け分を取り戻そう!と思って

次のレースに倍額投資なんてよくありませんか?

私も昔よく負けていた頃は

それほど予想もせず

阪神10レースで外れたら中山10レース!

と締め切り前のレースを買っていましたね(笑)

なので連敗なんか余裕でしてしまいました。

つまり競馬って

何も考えずに予想したら間違いなく負けてしまいます。

ではどうすれば

負けから勝ちにつなげる競馬の思考法が生み出されるか?

なんですが

結局

なんで負けてしまったのか?

を考えてみてください。

ひょっとしたら予想の何かが間違っていたのかもしれません。

それは

  • レース選定が甘かった
  • 軸選定が違った
  • 広い視野で見るべきだった

等々あると思います。

でダメだった買い方を次に生かせれば儲けもの。

負けたレースが次の予想の精度を上げる事ができます。

そして

競馬って上手くできていてついつい

負けたら取り戻そう!という意識が働くんですよね。

とはいえ負けた後の頭脳ってかなり思考が混乱している場合が多いので

競馬で負けた後は少し気分転換した方がいいかもしれません。

よくあるのが

東西重賞2つあったとして

本当は買う予定のないメインレースも

初めの重賞で負けたのでもう一回勝負してしまう!

という思考です。

初めから狙っていたのであればまだいいのですが

10分程度の時間で答えが出るほど競馬は甘くありません。

限られた軍資金であれば

1日1~2レースに集中して予想してみる!

負けたらなんで負けたのか?復習が大事です。

負けちゃった!で終わらせるのは

せっかくお金を賭けているのに非常にもったいないです。

確かに負けた理由を振り返るのは悔しいし、つらいですよね。

でもしっかり反省すべき点を抑えておかないと

また同じ理由で負ける可能性が高いです。

『負けたんだから悔しいのは当たり前だろ!』

その気持ち、よくわかります!

もし1円すら負けたくないのであれば競馬だけにできる方法もあります。

それはお金を賭けずに楽しむ方法です。

つまり予想だけして競馬を楽しむんです。

これであればお金は一切かかりません!

ある意味私の競馬オッズ理論はこの方法で生み出してきました。

このパターン、以前もあったぞ!

と気づく事ができればあなたの予想も一段階アップしたことになります。

あとは少額投資ですね。

幸い競馬は100円からでも勝負できるので

100円だけ単勝複勝を買ってレースに参加するというのもオススメです。

まぁどの方法でもいいのですが

何故この馬が1着だったのか?

狙った馬がなぜダメだったのか?

是非振り返るようにしてみてください。

そして中央競馬に限れば

土日あとたまに祝日しか開催していないという事は

復習時間はたっぷりありますよね!

私も平日のほとんどは前週の振り返りをしております。

競馬は受験勉強と同じでやったらやっただけ成果が出ますよ~

もし競馬で負けていてツライのなら

そこから這い上がりませんか?

まとめ

今回は競馬の負けはつらい!悔しさを勝ちにつなげる思考法

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。