競馬は運ゲーなのか?ありえない負けでも割り切る心の持ち方とは

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて競馬って観戦したり馬券を購入するとわかるのですが

運で勝ち馬が決まってしまう事ってありますよね。

つまり

競馬=運ゲー

という事で今回は競馬は運ゲーであるのか?

についてお伝えしたいと思います。

ちょっと抽象的な話ですが

馬券を購入するときと競馬で負けてしまった時は

是非覚えてほしいマインドなのでオッズ理論は一旦お休みで

読んで欲しいと思います。

競馬が運ゲーである理由とマインドの持ち方

なぜ競馬が運ゲーなのかというと

能力で勝ち負けが決まるのではなく

ある意味予想できない馬が勝っちゃう事って多くないですか?

そして運ゲーを強く意識したのは

2020年に開催された高松宮記念です。

無観客で行われた初のGⅠ、高松宮記念は

15番人気だったクリノガウディーが1着!!

だったのですがまさかの進路妨害で4着に降着。

優勝したのはこれまた人気のない9番人気モズスーパーフレアでした。

もしクリノガウディーから馬券を購入していた人は

それはそれは発狂寸前までいったのではないのでしょうか。

つまり

競馬は運がいい馬が勝っちゃう事も十分あり得ます。

まぁ2020年の高松宮記念はかなりレアケースではありますが

競馬の運ゲーで言うと

  • 出遅れ
  • 故障発生
  • 進路がなくなる
  • 不良馬場

などなど、不確定要素が多すぎます。

なので普通に予想していても競馬で的中しにくいのは

このようなアクシデントがいつ起こるか、わからないからなんですよね。

なので

競馬は運ゲーという認識は持っていた方がいいです。

で問題は馬券を購入して

アクシデントに見舞われて負けてしまったときです。

もし軸で購入していた馬が出遅れて

馬券が全て紙くずになってしまったらどんな感情が起こりますか?

まぁ100人馬券購入して外れたとしたら

全員が悔しい!

なんで俺の軸馬が出遅れるんだ!!

と怒り心頭になるでしょう。

でもですよ、

競馬=運ゲー

という意識があるなら

『まぁしょうがない!』

という気持ちになりませんか?

ある意味無の境地かもしれませんが。

特に生活が厳しくて競馬をやっている人は要注意なんですが

負の感情が出まくってしまう事です。

そうすると馬券を当てる事に熱くなってしまい、

当たるものも当たらなくなってしまいます。

なのでもう一度言いますが

競馬はどんなに鉄板の競馬であろうが

ゴール板を通過するまで何が勝つかわからない!

もう少し言うと2020年高松宮記念のように

確定ランプが点灯するまで油断できない!

です。

で無事馬券が的中したら感情を爆発させましょう!

俺って天才かも(笑)

くらい思ってもいいかもしれません。

ですが万が一

運ゲーの逆、つまり外れてしまったら

まぁこうこともある!

狙いは良かった!

とポジティブに考えましょう。

そして負けても冷静に分析してみてください。

あなたの思考はきっと正しかったハズ。

たまたま実践したレースでは悪い方に神様が微笑んでしまった・・・

と考えましょう。

で最後に競馬で勝つための理論としては

どんな状況でも

マイルールに沿った方法で馬券を買う!

が最強と思います。

3連単で勝てる人もいれば

単複で年間プラスの人もいますからね。

私のようにオッズ理論だけでお小遣いを稼げるのは

勝っても負けても同じ方法で馬券を買うからなんです。

であれば

たとえ負けたとしても回収できるレースが必ずある!

と思えるから

そんなに悔しくありません。

まぁレース直後は悔しいですけどね(笑)

という事で

勝っても負けても一喜一憂せず

淡々と競馬を楽しんだ方がいい結果が出ますよ!

まとめ

今回は競馬は運ゲーなのか?ありえない負けでも割り切る心の持ち方とは

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。