競馬の単勝1倍台で勝つ方法は存在するのか?信頼できるオッズの動きを解説

突然ですがご質問です。

競馬のオッズで単勝1倍台の馬の勝率ってどれくらいだと思いますか?

正解は47.9%なんですよね。

つまり単勝1倍台の馬でも

2回に1回は2着以下に落ちる!という事になります。

では単勝1倍の馬が勝つ時っていつなのか?

ですが実はオッズを見ればある程度

単勝1倍台の馬が1着になる!

というのがわかります。

では実際の単勝オッズの動きを見ていきましょう。

朝イチオッズからレース直前にかけて単勝1倍に下がる馬は強い!

結論としては見出しのとおりなんですが

朝イチオッズでは1倍台ではないのに

レース直前のオッズで単勝1倍台に下がる馬は勝負していい!

という法則です。

文章で書くとややこしいですが例えば

朝イチオッズ単勝1倍台→レース直前のオッズ単勝1倍台

の馬よりも

朝イチオッズ単勝3倍台→レース直前のオッズ単勝1倍台

の馬の方が断然信頼度が高くなります。

実はこういったオッズの流れのレースはそれ程多くありませんが

もし発見できたらおそらく1番人気なので

軸として勝負していいでしょう。

では実際のレースのオッズを見て解説していきます。

上の表は2021年4月17日(土)新潟競馬場第8レースの朝イチオッズ表です。

でこのレースなんですが

朝イチオッズ時点では4番もしくは7番が

単勝オッズ3.9倍と4.0倍という事で最終どちらが1番人気になるかわかりませんでした。

ただデータマイニング指数及び複勝オッズにおいて

7番の方が1番人気になるのではないか?

と予測がつきます。

そしてレース直前のオッズがコチラ。

予想通りデータマイニング指数&複勝オッズで勝る7番が

単勝オッズ1位となりました!

このように単勝オッズが一気に下がる馬はとっても強い!

ちなみにこの新潟8レースの

7番は確定オッズでは単勝オッズ1.8倍まで下がっています。

という事は投票締め切り直前に相当数の単勝が7番に入ったという事になります。

結果はもちろん

  • 1着:7番サウンドワイズ(1番人気)
  • 2着:4番ミズリーナ(2番人気)
  • 3着:ヴァルゴスピカ(11番人気)

1番人気、2番人気のワンツー決着で

配当はガチガチの790円でしたが

非常に参考になるオッズの動きをしていましたので

取り上げました。

まとめると

朝イチオッズが1倍ではなくても

一気にオッズが売れて1番人気となった馬は相当強い!

と思っていいでしょう。

再現性のある単勝オッズですので是非参考にしてください。

まとめ

今回は競馬の単勝1倍台で勝つ方法は存在するのか?信頼できるオッズの動きを解説

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。