競馬馬連を少点数で仕留めるオッズを解説!!チャンスが来たら狙ってOKの予想とは

競馬で効率良く儲けるのであれば

少点数で的中させるべきです。

ただ少点数といっても馬連なら少なくても3点ぐらいになりますよね。

馬連3点で勝負となるとかなり精度の高い予想技術が求められます。

しかしもしあるオッズパターンが出現すると

いとも簡単に(笑)

とまではいいませんが

ソコソコいい配当が少点数で獲れたりします。

という事で今回は

馬連を少点数で獲るオッズパターンを紹介いたします。

馬連少点数で当てるには複勝オッズと枠連人気から穴馬を見つける

もしあなたが日頃から私の競馬オッズ理論の記事を読んでいただいているのであれば

特に目新しい法則ではない!

という事を先にお伝えしておきます。

つまり結論から申し上げますと

馬連を少点数で当てるには

  • 1番人気がある程度信頼できる
  • 複勝オッズから異常オッズ馬を見つける
  • 枠連人気が単勝人気よりも上位の馬を見つける

この3つの法則が当てはめられれば

馬連少点数で当てる絶好のチャンスとなります!

まぁなかなかオイシイレースは存在しないのですが

根気よく朝イチオッズを眺めると不思議と出てくるんですよね(笑)

上の表は2021年4月17日(土)阪神競馬場第2レースの朝イチオッズ表です。

さてこのレースが馬連を少点数で当てられるのか、早速チェックしていきましょう。

まずは1番人気15番を見ていきます。

15番は単勝オッズ2.8倍、複勝オッズ1.2倍。

データマイニング指数はタイム型が1位、対戦型で2位となっています。

本当は単勝オッズがもう少し低くてもいいのですが

単勝2番人気とのオッズ断層が2.2倍もある事から

ある程度信頼できる1番人気と見て良さそうです。

なのでこのレースの軸は15番から入ります。

そして問題の相手なんですが

できれば3点以内で仕留めたい!

という事で複勝オッズをザっと見ていくと

複勝異常オッズの馬がいるのに気づきますか?

  • 12番:ウラエウス 複勝オッズ 3.0倍
  • 5番:ツウカイアベックス 複勝オッズ 6.6倍
  • 11番:メイショウナリヒラ 複勝オッズ 3.1倍

単勝7番人気の5番の複勝オッズ6.6倍は上下の馬に比べてかなり違和感がありますよね?

という事は5番が複勝異常オッズ馬で

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から12番及び11番が相手候補となります。

ちなみにこのレース、もう一つの穴馬パターンである

複勝同一オッズの馬、つまり3番と6番が複勝オッズ2.0倍で

並んでいたので気にはなりましたが今回はあえて外しています。

その理由は枠連人気にありました。

朝イチの枠連1位の人気は

6-8となっていますよね!

この6枠というのが

先ほど穴馬としてチョイスした

12番及び11番なんですよね。

12番の単勝人気は6位、

11番の単勝人気は8位。

なのに

1番人気15番がいる8枠との絡みで

枠連6-8が1番人気となっています。

という事は

6枠、つまり12番及び11番を狙っていいのかな?

と発想できるようになってくださいね。

なので馬券は至って簡単で

馬連15番軸に

相手は12番及び11番の2点買いで勝負です。

そして保険としてワイドも2点追加しておきましょう。

結果は

  • 1着:15番ワンダーイチョウ(1番人気)
  • 2着:11番メイショウナリヒラ(7番人気)
  • 3着:7番ベイルライダー(3番人気)

オッズ理論の考えが見事ハマり2着に最終7番人気の11番が突っ込んできました!

馬連 11-15 1,620円

は2点で仕留める事ができれば御の字です。

ワイド 11-15 610円

も保険馬券と考えたら立派な配当ですね。

最後にまとめると

複勝異常オッズの穴馬と枠連人気が一致した時点で

少点数で当てられる絶好のレースとなりました。

やはり直前のオッズではなく

誰も見ていない(笑)

朝イチオッズにはお宝が眠っています!

是非あなたもこのオッズパターンを目に焼き付けてみてください。

まとめ

今回は

競馬馬連を少点数で仕留めるオッズを解説!!チャンスが来たら狙ってOKの予想とは

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。