日経賞【2021年】の前日オッズから注目馬を紹介!!

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて今回は2021年3月27日(土)中山競馬場第11レースにて行われる

第69回日経賞(GⅡ)を前日オッズから

注目馬を取り上げていこうと思います。

古馬強豪が集まる日経賞ですが果たしてどの馬が勝つか注目ですね!

日経賞の前日オッズ考察と注目馬は?

上の表は日経賞の前日オッズとなっています。

いつもの朝イチオッズではありませんので注意してくださいね。

まずはいつものように1番人気のチェックからいきましょう。

1番人気は7番カレンブーケドールですね。

単勝オッズは2.9倍、複勝オッズは1.5倍。

現時点では少し物足りないのと

データマイニング指数ではタイム型及び対戦型ともに2位である事から

絶対的な信頼度は薄い感じです。

朝イチのオッズでもう少し売れていくのか、最終チェックをしたいですね。

次に単勝オッズ断層を見てみます。

単勝オッズ断層は全体で2本しかありません。

という事は下位の馬にもチャンスがあるかも?

多少なりとも波乱要素もありそうです。

ですがこの辺りはまだ何とも言いきれないですね。

次に単勝と複勝オッズのチェックをしていきますね。

前日オッズの時点では

  • 4番ウインマリリン→複勝オッズ 2.1倍
  • 8番オセアグレイト→複勝オッズ 2.1倍

上の2頭は複勝同一オッズで

朝イチオッズでも同一オッズなのか注目してみてください。

そしてさらに複勝異常馬は

6番及び11番が前日オッズでは該当しています。

なのでその上下の馬、

  • 8番オセアグレイト
  • 13番ラストドラフト
  • 3番アールスター
  • 15番サトノルークス

までが注目馬候補です。

ちょっと頭数が多いので

コチラも当日の朝イチオッズで再度確認してみてください!

ちなみに現時点では

  • 8番オセアグレイト
  • 13番ラストドラフト

この2頭を最有力候補としておきます。

8番は複勝同一オッズから、

そして

13番は7枠が枠連人気からとなっています。

いずれにせよ

最終判断は

日経賞当日の朝イチオッズで確認したいと思います。

参考程度に予想していただければ幸いです!

まとめ

今回は日経賞【2021年】の前日オッズから注目馬を紹介!!

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。