競馬多頭数レースでも複勝オッズで勝負する!!人気に関わらず馬券に絡むオッズとは

一般的に競馬の多頭数レース、

つまり18頭立てのレースはまぎれや出遅れ、不利などがあり

難解なレースが多いのですが

オッズ理論を使えば予想する手順は普通のレースと全く変わりません。

つまり少頭数レースでも多頭数レースでも予想手段は同じなんです。

※念のためにお伝えしておくと逆に少頭数レースの方がオッズ理論に適していないかもしれません。

この話をすると今回の記事とテーマが変わるので改めてお伝えします。

という事で今回紹介するレースは18頭立て、しかも短距離戦なので

厄介なレースですがどのようにオッズ理論で攻略するのか、確認していきましょう。

多頭数でも見るべきポイントは複勝オッズ

上の表は2021年7月5日(日)小倉競馬場第2レースの朝イチオッズ表です。

でちょっと矛盾することをいいますが大事なのでお伝えしますと

多頭数であろうと基本的に人気順に狙いを定めていきます。

荒れるレースは当然荒れますがやはりオッズのすごいところは

1番人気が一番馬券に絡みやすいですから

どんなレースでも1番人気から確認するようにしてくださいね。

1番人気は11番で

単勝オッズは2.1倍、複勝オッズは1.3倍となっています。

この数字をどうとらえるかですが

悪くはないが良くもない(笑)

なんとも微妙なオッズです。

ちなみに11番のデータマイニング指数も

タイム型が3位、対戦型が4位というのも不安な部分ではあります。

そして2番人気16番に至っても同様で

単勝オッズ4.5倍、複勝オッズ1.6倍は2番人気としてはまずまずですが

タイム型が7位なのが微妙です。

という事でこのレース上位人気は不安なので

他の馬で軸になりそうな穴馬を探してみます。

すると

複勝同一オッズ馬がいるのがわかりますでしょうか。

  • 4番ゲノム 複勝オッズ2.4倍
  • 10番リエンカウンター 複勝オッズ2.4倍

この複勝同一オッズはかなり怪しく見えます!

上位人気のオッズが微妙となれば

複勝同一オッズは馬券に絡みやすい法則からも

ここは4番10番から上位人気流しで勝負したいと思います。

馬連はフォーメーション

4・10→11・16・8・13・4・10

の9点買いでどうでしょうか。

結果は

  • 1着:4番ゲノム(5番人気)
  • 2着:13番エイシンイシュタル(6番人気)
  • 3着:14番シゲルカチョウ(10番人気)

複勝同一オッズ馬の1頭である4番が5番人気ながら1着となりました!

そして2着も6番人気の13番が入ったのでバッチリ的中です。

馬連4-13 6,010円で

まずまずの配当となりました。

ちなみに3着の14番を予想に取り組むのは難しかったですが

買っていれば

3連複 4-13-14 138,240円

の10万馬券でしたがさすがに的中は厳しいですね。

という事で

多頭数でも攻略する糸口がある!

ので是非オッズ理論で攻略してみてください。

まとめ

今回は競馬多頭数レースでも複勝オッズで勝負する!!人気に関わらず馬券に絡むオッズとは

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。