競馬単勝に大口投入のインサイダー馬券!!その結果はいかに??

先にお断りしておきますが

私が単勝購入で大口馬券を購入したわけではありません。

サラリーマン馬券師の私はいわゆるコバンザメ的な馬券術、

つまりプロといわれる方の馬券購入によるオッズの歪みを見抜いて

おこぼれを頂戴するという戦法なんです。

という事で前置きが長くなりましたが

今回のテーマは

単勝に大口投入されたインサイダー馬券がありましたので紹介したいと思います。

レース前日に100万円の単勝購入!!インサイダー馬券のオッズと結果は

まずは強烈なインサイダー馬券を見ていただきます(笑)

上の表は2021年7月4日(日)小倉競馬場第10レース、西部スポニチ賞の前日オッズです。

いつもの朝イチオッズとは違いますので注意してください。

さて単勝及び複勝オッズを見れば誰が見ても明らかですが

6番のオッズに注目してください。

6番の単勝オッズはなんと1.1倍!

そして複勝オッズは1.4倍となっています。

ひょっとして見間違いなんじゃない?

と思いそうですが

どうみても単勝オッズが1.1倍なんですよ。

という事は単勝馬券が大量に買われている!という事になります。

で少々単勝を買ったところで

普通は単勝オッズが複勝オッズより下がる事になりませんが

今回ばかりは大口馬券が入っています。

その額なんと100万円もの単勝が短時間の間に入っていました!

調べてみると上の表のわずか7分前オッズでは

6番の単勝オッズは1.4倍、複勝オッズは1.4倍だったんです。

これでもアヤシイオッズなんですが

さらに6番の単勝に大口の100万円が入っちゃいました(笑)

しかも前日の夜という時間なんですよ。

という事はよほど6番が勝ち切る自信があったから購入されたんでしょう。

で6番の単勝ですが

さすがに1.1倍とはならず

最終的には1.4倍というオッズに落ち着きました。

しかし100万投入された馬券なので

当たれば40万円のプラスですからね!

まぁ私のような庶民は1.4倍の単勝馬券を買う勇気がないので

6番軸に馬券を組み立てるのがいいでしょう。

今回はあまり詳しく説明できませんが

このレースでは

6番及び4番の2頭軸から

相手に1番と3番を据えた3連複2点買いでいけるレースでした!

結果は

  • 1着:6番ハンディーズピーク(1番人気)
  • 2着:4番ハイパーノヴァ(2番人気)
  • 3着:3番ラブスピール(4番人気)

インサイダー馬券の効果なのか、6番は人気にこたえて見事1着!

大口投票の方もホッとしたことでしょう。

そして馬券も堅い決着で

3連複 3-4-6 460円

はまぁ少しのプラスなので結果オーライというところでしょうか。

このような人気サイドでのオッズであれば

いかに少点数で馬券を仕留めるか?

を考えてみてください。

3連複2点買いならプラスですよね。

でもし3連単を買えていたら

6-4-3 1,220円

ですが安すぎて個人的にはリスクしかない馬券ですね。

しかし馬券はともかく、大量投票のインサイダー馬券は

いつ発生するかわかりませんが、個人的には

前日オッズや早朝オッズにおいて発生しやすい傾向があります。

なのでもし単勝オッズが複勝オッズに比べて異常に売れている馬を発見したら

そのオッズの動きと結果に注目してみてください。

思わぬ収穫があるかもしれませんよ。

まとめ

今回は競馬単勝に大口投入のインサイダー馬券!!その結果はいかに??

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。