競馬の複勝オッズを見れば激走馬がわかる?人気薄の激走馬を見抜く方法

まず初めにお伝えしておきますと実は今回紹介するレースですが

完全に激走馬を見逃しておりました!

ですがよく見るとちょうどいい感じに複勝オッズに投票が入っていたんですよね!

という事で今回は反省の意味も込めて

競馬の複勝オッズを見れば激走馬がわかる!

をお伝えしたいと思います。

朝イチオッズで複勝が異常に売れている馬は常に注意が必要

やはり朝イチオッズにおいてアヤシイ動きがわかりやすいのは

単勝オッズ及び複勝オッズなんですよね。

どこから情報を入れているのか走りませんが

単勝と複勝のオッズ差が激しい馬は常に注意が必要です。

上の表は2021年5月1日(土)阪神競馬場第11レースにて行われた

天王山ステークスの朝イチオッズ表です。

でこのレースのポイントは激走馬が絡むかどうか?なんですが

オッズ表のチェックの前に単勝オッズ断層を見ておきます。

単勝オッズ断層は全体で4本。平均的なオッズ断層の入り方と言えますが

3本目から4本目に欠けて断層なく続いているのがわかりますか?
もし大穴馬が来るとしたらこの3本目から4本目なのかな?

と目星をつけておきます。

そして再び単勝複勝オッズ表を見ていくのですが

下位の馬で複勝オッズのみ売れている馬がいるのがわかるでしょうか。

  • 9番:タガノアム 単勝オッズ 29.7倍 複勝オッズ 3.6倍
  • 7番:ホウショウナウ 単勝オッズ 61.8倍 複勝オッズ 3.8倍

9番は単勝人気9位に対して複勝人気は6位。

複勝人気が3つほど上げているのがわかります。

また

7番は単勝人気13位に対して複勝人気は8位。

コチラは複勝人気が順位にして5つほど上がっていますね。

ココから私の持論ですが

複勝オッズが単勝オッズより売れている場合は激走する可能性が高いです。

なのでこのレースの激走馬は

9番及び7番となります。

ただコレだけの法則で馬券が当たるのであれば苦労しません(笑)

さらに穴馬としてのプラス要素があるのか・・・

という事で9番及び7番の穴馬要素をチェックすると

ありました!

9番→データマイニング指数(タイム型):6位

7番→データマイニング指数(タイム型):3位

9番及び7番はいずれもデータマイニング指数のタイム型で順位を上げていました!

なので安心してここは9番と7番を軸に買う事ができますね。

実は私、このレース9番はアヤシイとにらんでいたのですが

7番は感覚で外していたんですよね!

やはりじっくりオッズを数字を見ないとダメですね。

ただ9番と7番は読めても相手が難しかったかもしれません。

1番人気10番は買えても

12番まで手が回るかどうか。

一応12番はいつも言う単勝オッズ断層手前に配置されていましたから

全く買えない馬券ではありませんでした。

また

私のパスワード記事

枠連連対法則

を使っていれば12番の激走も頭に入れる事ができたでしょう。

結果は

  • 1着:12番 スマートアルタイル(6番人気)
  • 2着:7番 ホウショウナウ(11番人気)
  • 3着:10番 ジェネティクス(1番人気)

馬連はちょっと難しく

7-12 34,380円

と大万馬券でした。

ただ

ワイド 7-10 1,370円は当てたかったですね!

で複勝オッズが売れている馬の激走についてお伝えしたのですが

こういったレースを当てる方法は

儲けようとしない!

ですね。

100円馬券とか外れてもいいので

遊びで買うくらいがちょうどいいかもしれません。

ちなみに2着に来た7番ですが

直前オッズでも単勝人気12番人気にかかわらず

複勝人気は9位まで順位を上げていたので7番に乗っかった人も

多かったんでしょう。

ただ朝イチオッズの方はわかりやすいかな(笑)

複勝オッズ人気の並びには十分注意してみてくださいね。

まとめ

今回は競馬の複勝オッズを見れば激走馬がわかる?人気薄の激走馬を見抜く方法

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。