競馬の少頭数レースの買い方は難しい!!当てる自信がなければ買う価値なし

いきなり結論から申し上げますと

競馬の少頭数レースでの買い方は正直難しいです。

私も競馬初心者の頃は

競馬の少頭数レースの方が当てやすいんじゃないか?

と思っていました。

しかしこの考えはメチャクチャ甘かった!!

ではなぜ競馬の少頭数レースの買い方は難しいのか?

その理由についてご紹介したいと思います。

競馬の少頭数レースの買い方はなぜ難しい??

まず競馬の少頭数の定義ですが

個人的には

10頭以下のレースを少頭数レースとしています。

では競馬の少頭数レースは何故難しいか?

なんですが理由としては2つあります。

1つ目は少頭数であるが為に人気馬の票が多く買われる傾向にあります。

つまり実力馬であっても人気以上にオッズが下がりやすくなるのです。

という事は

人気馬が人気通り勝っても儲けがかなり少なくなってしまっています。

上の表は2021年4月24日(土)東京競馬場第8レースの朝イチオッズ表です。

このレースの結果は

  • 1着:2番アルビージャ(1番人気)
  • 2着:3番トゥーフェイス(2番人気)
  • 3着:5番ナックイルシーブ(5番人気)

の決着だったのですが

馬連 2-3 260円だったんですよね。

という事はトリガミにならないように馬連を購入するには

2点、できれば1点で仕留めないといけないんです。

今回は人気での決着でしたが

外れる事もあると考えると少頭数レースで人気馬同士を購入するのは

かなりリスキーな買い方と言えるでしょう。

かといって

穴馬を狙うといっても少頭数なのでマギレが少なく

よほど絶対来そうな穴馬を探すのは難しいです。

次に競馬の少頭数レースの買い方が難しい理由の

2つ目ですが

オッズ理論で読み取りにくい場合が多いです。

オッズ理論の真骨頂は

多頭数レースにおいての微妙なオッズバランスを読む事なんです。

なので

少頭数レースでは肝心のオッズバランスが

うまく読めない場合が多いです。

上の表は2021年4月24日(土)阪神競馬場第7レースの朝イチオッズ表です。

1番人気の5番は1.9倍なので

軸指定するのはいいのですが

少頭数なので点数を絞るか、もしくは3連複や3連単でうまく収益を出さないといけません。

しかし最低人気馬でも単勝22倍なので正直どの馬が勝ってもおかしくないんですよね。

なので例え1番人気絡みの馬券で購入しても

利益を出し続けるのは困難でしょう。

ちなみにこのレースの結果は

  • 1着:5番ヒミノブルー(1番人気)
  • 2着:1番シゲルヒカルダイヤ(3番人気)
  • 3着:3番シュクルテスト(6番人気)

1番人気-3番人気-6番人気の決着で

馬連 1-5 410円

3連複 1-3-5 2,850円

3連単 5-1-3 7,540円

は馬券を絞って当てるのは私にはできないですね。

やはり少頭数のためオッズが分散しない分、

オッズ理論が通用しない!

という方が正しいかもしれません。

もし脚質は前走実績等で

2頭から3頭に馬を絞る事ができれば少頭数レースの方が

当てやすいかもしれませんね。

でもどうしても少頭数レースでも勝負したい!

というのであれば

下位の馬から上位の馬への

3連複、もしくは

下位の馬の2着・3着付けの

3連単馬券なんかがいいでしょう。

もちろん勝負レースではなくて遊びで買うと案外お小遣い程度なら

稼げるレースもあります。

少頭数レースならではなんですが

7頭立てなら6番人気・7番人気

8頭立てなら7番人気・8番人気

9頭立てなら8番人気・9番人気

の馬が来ることがよくあります。

でオッズから読み取れるかというと先ほど申し上げた通り

オッズで読み取る事ができません。

ただ上位人気に馬券が集中するので下位の馬は

実力以上に人気が落ちているのを見越しての馬券の買い方となります。

上の表は2021年4月24日(土)阪神競馬場第1レースの朝イチオッズ表ですが

結果だけお伝えすると

  • 1着:1番ビーオールアイズ(2番人気)
  • 2着:5番ピースプレイヤー(3番人気)
  • 3着:4番ビックスコール(7番人気)

まさかのダントツ1番人気7番が競走中止になったレースですが

3連複 1-4-5 11,430円

3連単 1-5-4 56,050円

は下位人気に目を付けていれば買える馬券でした!

という事で重要なポイントを最後にもう一度お伝えしておきます。

競馬の少頭数レースの買い方は非常に難しい!

できれば見送りをした方がいいが

どうしても買いたいのであればお遊びで下位人気から上位人気へ流す!

を覚えておいてもらえれば幸いです。

まとめ

今回は競馬の少頭数レースの買い方は難しい!!当てる自信がなければ買う価値なし

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。