競馬複勝オッズの微妙な馬が1番人気の場合の判断基準は?

数字を見ても面白くない!という方であれば苦痛だと思いますが

複勝オッズって本当に面白いんですよ。

私の感覚だと

坂路の時計ってありますよね?

栗東坂路52秒だったら好調みたいな感じで。

坂路1番時計を計測した!という表現と同じくらい

複勝オッズには競馬必勝法となりえるヒントがいっぱい詰まっているんです(笑)

と前置きがなくなりましたが

1番人気なのに複勝オッズが微妙な馬っていうのがたまに出現したりします。

ではこのような複勝オッズがイマイチな1番人気の判断基準はどうするのか?

についてレース紹介を兼ねてご説明いたします。

朝イチ複勝オッズ2.9倍の1番人気は切るべき?

上の表は2022年1月29日(土)東京競馬場第7レースの朝イチオッズ表です。

さてこのレースの注目ポイントは何といっても

朝イチ1番人気9番ユングヴィの取捨選択!と言えます。

で結論から申しますと

この9番のオッズではとても買えない!

まぁ考えてみたらわかるのですが

9番の単勝オッズ4.8倍はいいとしてもですよ、

複勝オッズ2.9倍はちょっと厳しいです。

朝イチの9番の複勝人気でいうと5番人気でした。

冷静に考えたら

9番の単勝オッズ 4.8倍 複勝オッズ 2.9倍

はいかにも消えそうなオッズとわかりますよね?

さらにデータマイニング指数でも

9番のタイム型指数で11位、対戦型でも13位でかなりヤバそうな1番人気と言えます。

なのでこの9番の売れ方はひょっとしたら

インサイダーっぽいんですが

変な売れ方なので騙されてはいけませんよ(笑)

さらに枠連人気でも

5枠9番が売れていなかったので買っても抑えまでという感じです。

5枠は枠連人気でいうと4番人気に位置していました。

もしこれが仮に枠連人気でも5枠が売れていたとすれば話が別ですが

枠も売れていない、

複勝オッズもデータマイニング指数もダメ!

となるといくら朝イチ1番人気だとしても狙えません。

であれば他の馬から・・・となりますが

複勝オッズを再度見てみるととっておきの馬がいますよね。

  • 12番:ブルメンダール 複勝オッズ1.7倍
  • 3番:フィールザワールド 複勝オッズ1.7倍

この12番と3番の複勝同一オッズは強力で

複勝同一オッズの馬は激走しやすい法則

及び

枠連人気でも2枠と6枠が人気となっていたことから

文句なく12番と3番を軸に馬券を組み立ててみます。

馬券は馬連フォーメーションで

12・3→1・12・3・8・11・4の9点買いで勝負です。

ちなみに点数が多くなるので敢えて1番人気の9番を外しましたが結果の方は・・・・

東京第7レース結果
  • 1着:3番フィールザワールド(1番人気)
  • 2着:4番ユイノチャッキー(7番人気)
  • 3着:11番ブラックパンサー(5番人気)

やはり予想した通り(笑)

朝イチ1番人気の9番は最終的にも3番人気でしたが結果は7着と惨敗。

そして朝イチ複勝同一オッズの3番は最終的に1番人気で見事1着。

2着も相手として拾った4番が入り的中となりました。

馬連3-4 1,490円は

随分安い気がしますがしょうがないですね。

そして3連複も買えていたら

3連複 3-4-11 2,900円

コチラも随分安い!(笑)

ですが

1番人気の異常オッズに気づくことができたら

割と楽に馬券が獲れたレースだと思います!

このような怪しいインサイダー馬券があったら

まずは冷静に分析してみてくださいね!

まとめ

今回は競馬複勝オッズの微妙な馬が1番人気の場合の判断基準は?

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。