複勝オッズで堅い馬券もしっかり獲る方法!!偽のインサイダー馬券に惑わされない!

競馬のオッズをずっと眺めているといろんな法則が出てきたりするんですが

競馬って堅い馬券はしっかり獲っていく!

って意外と大事なんです。

荒れる馬券についつい目線がいってしまいがちですが

本命馬券も逃さず獲る!というのがオッズ理論の真骨頂だったりします(笑)

という事で今回は

ちょっとしたインサイダー馬券及び複勝オッズで堅い馬券を獲る方法をお伝えします。

ちなみにインサイダーっぽい馬もいたんですがこのインサイダーに騙されないようにするのも大事ですよ。

謎の1番人気馬と複勝オッズに注目

上の表は2022年1月10日(月)中山競馬場第7レースの朝イチオッズ表です。

でこのレースのポイントですが

  • 偽インサイダー馬を見抜けるか
  • 複勝オッズの激走馬

がわかれば獲れる馬券でした。

まず偽インサイダーの馬から説明しますね。

オッズ表を見ると何やらおかしい馬が1番人気になっていますよね?

4番:テンウォークライ 単勝オッズ3.3倍 複勝オッズ2.0倍

朝イチオッズを見ている人が見ればわかると思いますが

1番人気で単勝3.3倍はいいとして

複勝オッズは2.0倍、そして複勝人気でいっても4位なんですよね。

一見インサイダー馬券なの?

と思っちゃいそうですが

いかにも単勝と複勝のバランスが悪いですし

もし本当のインサイダー馬券なら

単勝オッズ1.9倍 複勝オッズ2.0倍

のように逆転現象もしくはもっと単勝が売れている場合です。

そもそもインサイダー馬券は私の知る限り1か月に1回程度見抜けるかどうか?

の確率なので

今回のような中途半端な馬はかなり危険!と判断していいでしょう。

となれば再度単勝複勝オッズを見てみると

うってつけの複勝オッズ並びがあります。

  • 15番:ロスコフ 複勝オッズ 1.6倍
  • 8番:ワカミヤクオーレ 複勝オッズ 1.6倍

15番と8番の複勝オッズ1.6倍はいつも言っている

複勝同一オッズ並びの馬は激走しやすい法則

に該当します。

朝イチ2番人気が強そうですがここは旨味を狙って

15番と8番を絡めつつ、上位人気で決まると見て少点数で勝負!

15番と8番そして12番を加えた3頭ボックスでもいいのですが

8番は間違いなく馬券に絡むとにらみ

(なぜ15番じゃなくて8番なのか?はゴメンナサイ。企業秘密です。)

8→12・15の馬連&ワイド4点で勝負します。

さて結果は・・・

中山競馬場第7レース結果
  • 1着:15番ロスコフ(2番人気)
  • 2着:8番ワカミヤクオーレ(3番人気)
  • 3着:13番マサカウマザンマイ(11番人気)

朝イチの複勝同一オッズワンツーの決着となりました!

ちなみにインサイダー馬券っぽい馬だった4番は8着と惨敗。

そして1番人気の12番は単勝オッズ2.6倍の支持を集めながら5着に敗れています。

1番人気が負けたので

馬連 8-15 1,190円

ワイド 8-15 440円

高額配当ではありませんが

全て合わせても4点買いなので回収率は400%を超えています。

本命馬券であれば

いかに少点数で馬券を当てるか?を考えてみてくださいね。

それがわからないから馬券は難しい!!

確かにその通りですが少しでも馬券の買い目を少なくするなら

私のパスワード記事

枠連オッズで8割連対する法則

をオススメします(笑)

まとめ

今回は複勝オッズで堅い馬券もしっかり獲る方法!!偽のインサイダー馬券に惑わされない!

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。