シンザン記念【2022年】振り返り!!オッズ断層と複勝オッズから馬券を組み立てる!!

今回は2022年1月9日(日)中京競馬場第11レースにて行われた

第56回シンザン記念(GⅢ)を朝イチオッズから振り返ってみたいと思います。

で今回のシンザン記念は

オッズ理論からするととても簡単なレースだったんですよね。

という事で早速朝イチオッズから見ていきましょう。

大きなオッズ断層と複勝オッズで激走馬がわかる!!

上の表はシンザン記念の朝イチオッズ表です。

さて今回のポイントですが

1番人気の2番ラスールが信頼できるかどうか?でした。

2番の単勝オッズは朝イチオッズにおいて

単勝オッズが2.3倍、複勝オッズが1.4倍となっていますよね。

私の1番人気の基準である

単勝オッズ3.0倍以上、複勝オッズ1.5倍以上はクリアしているので

一見信頼してもよさそうですが、データマイニング指数を見ると

タイム型で3位、対戦型では4位という事で信頼するにはちょっとアヤシイかも??

少なくとも軸とまではできなさそうです。

ではその他の馬で良さそうな馬は・・・

その前に単勝オッズを見ると大きなオッズ断層があるのがわかりますよね?

  • 10番:マテンロウオリオン 単勝オッズ8.5倍
  • 8番:ウナギノボリ 単勝オッズ17.2倍

10番と8番の間には2.0倍の大きなオッズ断層が入っていました!

私の経験上では

8番以下の馬の激走はオッズ断層の壁に阻まれて超える事はできない!と見ました。

となれば上位の

2・3・9・1・10の馬連ボックスでもよさそうですが

もう少し点数を減らす作業をします。

という事で再度複勝オッズを見ると・・・いつものアレがばっちり暗示されていました。

  • 9番:レッドベルアーム 複勝オッズ2.0倍
  • 1番:ビーアストニッシド 複勝オッズ2.0倍
  • 10番:マテンロウオリオン 複勝オッズ2.0倍

いつも言っている

複勝同一オッズの馬は激走しやすい法則

で9番1番10番が複勝オッズ2.0倍で同一となっていました!

ただこのような場合は珍しく普通は2頭の場合が多いんですけどね。

3頭はさすがに多いのでこの中で狙うとすれば

10番ですね!

10番はオッズ断層前の馬でもありますし、

私の持論ですが

迷った場合は人気のない馬を狙え!というのがあります。

ただ1頭だけだと怖いので

ココは

10番そして1番を軸に馬連フォーメーション

1・10→2・3・9・10・1

の7点買いで勝負です。

さて結果ですが・・・

シンザン記念結果
  • 1着:10番マテンロウオリオン(4番人気)
  • 2着:3番ソリタリオ(2番人気)
  • 3番:9番レッドベルアーム(3番人気)

結局上位人気で決まりましたが

1番人気の2番はやはりデータマイニング指数が悪かったせいか7着どまり。

そしてオッズ断層内で決着したというのもオッズ理論で読めるレースでした。

馬連 3-10 2,020円

は上位人気としては好配当!

もし3連複を買っていても的中で

3連複 3-9-10 3,680円

という配当でした!

個人的にはオッズ理論ならではのレースで

私の記事でしっかり勉強されていたら確実に獲れるレースだったハズ(笑)

競馬って難しいレースはどう考えても獲れませんが

バッチリ型にハマるレースはしっかり勝負できますからね!

でもし馬券が獲れなかった方でも安心してください(笑)

私のオッズ理論は

非常に再現性がありますから今後もチャンスはやってきますからね。

まとめ

今回はシンザン記念【2022年】振り返り!!オッズ断層と複勝オッズから馬券を組み立てる!!

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。