競馬の1番人気が負けるオッズとデータマイニング指数の関係性【その2】

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて今回も競馬で勝つために大事なポイントの一つ、

競馬の1番人気が負けるオッズとデータマイニング指数について

お伝えしたいと思います。

しばらくこのシリーズを続けようかな(笑)

それくらい大事なのに多分誰も気づかない、

というかあまり語られていない方法ですよ。

ちなみに前回お伝えした記事についてはコチラをご覧ください。

という事で言いたい事は全く変わりませんが

競馬で勝つためには非常に大事なので何回も伝えますよ!

1番人気のオッズとデータマイニング指数で信頼度を見抜く!

上の表は2021年4月10日(土)中山競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

さてこのレースのポイントも

1番人気2番ミエノワールドがしっかり馬券に絡むのか、そうでないのか?

です。

という事で早速2番のオッズとデータマイニング指数を確認してみると

2番の単勝オッズは4.6倍、複勝オッズは2.3倍となっています。

このオッズではさすがに買えない!と思いませんか?

さらに2番のデータマイニング指数も

タイム型及び対戦型とも11位と全く信頼できません。

なので1番人気となっているものの、

ココは思い切って馬券から外す作戦で行きます。

あとは他の馬を狙う!

ですがオッズをよく見ると気になる1頭がいます。

朝イチオッズで3番人気になっている

7番ベイビーボスのオッズを見てください。

単勝オッズは6.0倍で3位に甘んじているものの

複勝オッズは1.7倍の1位。

さらにデータマイニング指数においても

タイム型及び対戦型で1位を獲得しています。

であればこの中山12レースは

オッズ的には

2番から、というより7番から入りたいですね!

という事で馬連は

7番軸に4・15・16・6・5

で勝負です。

一応上位人気に流しますが

複勝オッズから11・9番は外して

その下に配置されている6・5を相手にしました。

※この辺りは説明が難しいのと研究中の法則ですので公開できる時にはお伝えしたいと思います。

結果は

  • 1着:7番ベイビーボス(1番人気)
  • 2着:6番デルマカミカゼ(8番人気)
  • 3着:16番タイセイビルダー(3番人気)

読み通り2番は4着と惜敗しましたがちょっとヒヤヒヤしました(笑)

とはいえ勝ちは勝ちでホッとしました。

狙いの7番が1番人気になったので配当は

6-7 4,040円は思いのほか低配当ですが文句は言えませんね。

3連複は買っていませんが

買っていれば

6-7-16 14,420円で買っておけばよかった(笑)

とはいえ欲張るとイタイ目に合うのでお小遣い稼ぎにはちょうどいい事にしておきましょう。

という事でまとめると

1番人気のオッズとデータマイニング指数は必ずチェックする!

ようにしてくださいね。

もちろんオッズやデータマイニング指数が悪くても

1着になる時もありますが

総合的に見ると馬券に外れる可能性が高いので

もし怪しい1番人気がいた時は勝負をかけてもいいと思います!

1番人気がこけるだけでも配当が跳ね上がりますからね!

まとめ

今回は競馬の1番人気が負けるオッズとデータマイニング指数の関係性【その2】

をお伝えしました。

2 件のコメント

  • お疲れ様です。
    勉強すればするほど難しいですね
    11番9番わかりません
    朝イチオッズ時間には確認しますが複勝など
    の並びがないのに5分後に確認すると並びがあります。この様な時は参考にしていいですか?
    よろしくお願い致します。

    • お世話になります。

      非常にいい質問です!
      基本お伝えした朝イチオッズ時間でいいのですが
      誤差が生じる可能性もあります。

      その見極めは難しいので
      他のプラス要素がないか確認してみてください。
      断層や枠連人気などですね。
      もし何もなければ見でいいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。