神戸新聞杯【2021年】振り返り!!ダービー馬シャフリヤールが危険な人気馬だった理由

さて本日は2021年9月26日(日)中京競馬場第11レースにて行われた

第69回神戸新聞杯(GⅡ)を朝イチオッズから振り返ってみたいと思います。

でもうすでに結果はご存じだと思いますが

今回の神戸新聞杯の注目は何といっても2021年のダービー馬、

シャフリヤールが勝てるかどうか?の1点ですね。

つまりシャフリヤールを信頼してよかったのかどうか?

をオッズ理論でズバッと振り返っていきますよ!

オッズ理論ではシャフリヤール軸では危険だった!

まずは2021年の結果を先にお伝えすると

まず連対は外さないだろう・・・と見られていた(と思いますが)

ダービー馬で1番人気のシャフリヤールは

1着どころか3着も外してしまい結果的に4着に負けてしまいました。

敗因は不良馬場が、とか秋初戦だからとか

浮かび上がると思いますが

私の専門分野であるオッズ理論から行くと

シャフリヤールは超危険な人気馬でした!

圧倒的な人気馬なのになぜそんな事言えるの?

と言いたいと思いますのでキッチリご説明しますね。

という事でまずは朝イチオッズ表をご覧になってください。

上の表は神戸新聞杯の朝イチオッズ表ですが

さすがダービー馬らしく圧倒的な人気となっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普通は軸にしても良さそうなオッズなんですがどうも怪しい・・・

ちょっと引っかかるのは

データマイニング指数でした!

10番シャフリヤールのデータマイニング指数は

タイム型で2位、対戦型でも2位という事で

5番ステラヴェローチェに指数的には負けていました。

このように朝イチオッズで単勝&複勝オッズ、データマイニング指数の2つが1位となる

いわゆるBIG4となる数値にならない場合は信頼度が落ちてきます。

しかも単勝オッズ断層においても

10番シャフリヤールは2番人気の5番ステラヴェローチェに

2.6倍の差をつけていますが5番も3番人気3番キングストンボーイに1.5倍と

やはり単勝オッズで断層を入れていました。

という事は

単勝オッズ以上に10番と5番は差がない!

という事になります。

なので馬券の組み立てとしては

10番もしくは5番2頭のどちらかが馬券に絡むんじゃない?

と予想して2頭軸で行きます。

でココが一つのポイントですが

いわゆる2強で決まるかというと意外と決まったりしません。

もちろんレースによっては1番人気2番人気決着もありえますが

私の感覚では2強オッズでも4割ないんじゃないですかね?

また2強で決まってもオッズが低いので保険程度に買っておくのがいいと思います。

では2強に割って入りそうな馬は・・・

いつもなら複勝オッズ頼みですが

今回はピタリと単勝及び複勝オッズの整合性が取れておりわかりづらい!

では奥の手であるオッズ断層に目を向けると・・・・

少頭数なのにかかわらず断層が5本もありました!

こういったレースは上位人気決着で決まってもおかしくないですが

あえて穴っぽい馬を狙うとすれば

2番及び7番でした!

2番は3番目の断層手前に配置されており、

7番は3番目の断層下及び4本目の断層上に配置されている

いわゆるポツン馬となっていました!

という事で馬券的には

馬連フォーメーション

10・5→2・7の4点買いですが保険でワイドも追加して勝負です。

結果は

  • 1着:5番ステラヴェローチェ(2番人気)
  • 2着:7番レッドジェネシス(5番人気)
  • 3着:4番モンテディオ(8番人気)

2番人気の5番ステラヴェローチェが皐月賞&ダービー3着の実力を見せて

見事優勝!ステラヴェローチェは人気以上にいつも着順が常にいいという馬券孝行の馬ですね!

そして気になるダービー馬シャフリヤールは

圧倒的1番人気だったのにかかわらず4着と複勝にも手が届きませんでした!

やはりデータマイニング指数が影響したのかな?

実は10番シャフリヤールが危ない人気馬だったのにはもう一つ理由がありまして(笑)

朝イチ単勝オッズから人気を落としていたんです!

これは特に1番人気によくある傾向なんですが

朝イチオッズからオッズを上げている場合は信頼度が落ちる傾向にあります。

10番シャフリヤールの単勝オッズは朝イチ1.7倍でしたよね?

ですが直前5分前オッズでは単勝オッズが1・8倍とわずかに上昇していたんです。

普通は1.7倍から1.6、さらに1.5倍くらいまで下がると相当強い!といえるんですけどね。

なので単勝オッズが上昇した以上、10番を軸にするのは危険でした!

そして2着には単勝オッズのポツン馬7番が激走。

さらに3着は難しかったのですがオッズ断層手前の4番が食い込みましたね!

馬連 5-7 3,310円は4点買いなので大幅回収!

ワイド 5-7 830円はまずまずの配当といっていいでしょう。

で断層馬4番も絡めて馬券を買っていたら

3連複 4-5-7 18,540円の万馬券でした!

やはり1番人気がコケてくれると思わぬ配当が出てくれます!

で記事中ではボヤっとしか書いていませんが

私のパスワード記事

枠連が8割連対する法則でも見事に的中しております(笑)

枠連パスワード記事ご購入者さまは

いかに点数を減らして的中させるか?

今回の神戸新聞杯はいい参考レースになったと思いますよ!

是非オッズを見て勉強してみてくださいね。

まとめ

今回は神戸新聞杯【2021年】振り返り!!ダービー馬シャフリヤールが危険な人気馬だった理由

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。