競馬の1番人気が負けるオッズとデータマイニング指数の関係

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて競馬で買っていく条件の一つに

1番人気が来るのか、来ないのか?

がある程度わかればそれだけで競馬の的中率や回収率が

上がってきます。

1番人気といっても

強い1番人気と押し出された1番人気とはまた意味合いが違いますよね。

で普通に馬の能力でチェックするのは素人ではちょっと難しい!

しかしオッズとデータマイニング指数を見れば

ある程度

レース前に1番人気が負ける可能性が高い!

というのもわかっちゃいます。

という事で今回は

競馬の1番人気が負けるのはオッズとデータマイニング指数でわかる!

というお話をしたいと思います。

1番人気の信頼度は朝イチオッズとデータマイニング指数をチェックするだけ

上の表は2021年4月10日(土)中山10レースの朝イチオッズ表です。

さてこの表で見ていただきたいのは

1番人気8番トキメキの信頼度ですね。

8番は単勝オッズが2.6倍、複勝オッズが1.4倍です。

そしてデータマイニング指数も

タイム型が5位、対戦型が4位という事で

消える可能性が高いと思っていいでしょう。

一応買い要素としては

単勝オッズ断層が2番人気6番と2.5倍の差があるのですが

来てもあきらめがつく!

という事でここは思い切って相手止まりです。

では他の馬から・・・

なんですがココも穴狙いで

複勝オッズ異常馬を探してみます。

そうするとちょっとアヤシイ馬並びがあります。

  • 12番:クーファウェヌス 複勝オッズ 3.4倍
  • 5番:モエレコレウター 複勝オッズ 5.4倍→複勝異常オッズ
  • 15番:ペイシャドリーム 複勝オッズ 2.5倍

5番の複勝オッズ5.4倍は上下の馬に比べてオッズが高い、いわゆる複勝異常オッズ馬となっています。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則から

12番及び15番を注目馬とします。

であれば

馬券は簡単で

馬連12・15→8・6・2・14・11の10点買いで勝負です。

結果は

  • 1着:6番アヌラーダプラ(3番人気)
  • 2着:14番スラーヴシャルル(2番人気)
  • 3着:12番クーファウェヌス(6番人気)

残念ながら狙った12番は3着までで馬券はハズレ!

もし3連複を買っていたら

6-12-14 6,230円の的中でした!

狙いはバッチリだったんですが、こういう事もあります(笑)

しかし

1番人気8番は結果的に11着と惨敗しました。

このように

1番人気でもデータマイニング指数が悪いと

1着はもちろん、馬券圏内に入ってくる可能性も低い!

という法則は覚えておいた方がいいです。

であれば

1番人気を蹴っ飛ばした

単勝多点買いという馬券の買い方も有効かもしれないですね。

実際この中山10レースも

単勝6番は510円とそこまで配当は跳ねませんでしたが

他に買い要素があれば

6番の単勝勝負がイケたかもしれません。

何度もお伝えしている

オッズ×データマイニング指数は

1番人気の強さを測る指標ですので

どんなレースであろうとも是非チェックしてみてください。

まとめ

今回は競馬の1番人気が負けるオッズとデータマイニング指数の関係

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。