競馬のオッズ変動は宝の山?大量投票から勝ち馬を推測する!!

突然ですが競馬のオッズ変動が意味しているものは何だと思いますか?

オッズが変動する、という事は

勝ちそうだから馬券が買われてるという意味ですよね。

でオッズ理論の基本ですが

直前オッズだと多くのファンがパドックなり競馬新聞の予想をみて

馬券を購入しているのでオッズの変動から

馬券を推理するのは困難です。

しかしレースが始まる前日や朝イチオッズでは

なぜか大量の投票、つまりオッズの変動があるんですよね。

つまり誰も見ていない時間帯こそ

勝ち馬になり得るオッズが隠されているんじゃないか?

と推理できます。

という事で今回は

オッズの変動から勝ち馬を見つけられるのか?

をお伝えしたいと思います。

また今回の記事はいつも私にアドバイス等いただいている

H様より過剰投票のメールを頂いたので記事にさせていただきました。

H様、ありがとうございます!

オッズの変動は大量投票!明らかに勝負できる馬のオッズとは

オッズの変動があるという事は

大量投票が入った証拠でもあります。

そしてオッズの変動がわかりやすいのは単勝や複勝なんです。

ではどのようなオッズの変動があれば勝負できるのかを

2021年4月18日(日)中山競馬場第11レースにて行われた

第81回皐月賞で振り返ってみたいと思います。

上の表は皐月賞の前日オッズとなります。

で注目したいのは

7番エフフォーリア

8番ダノンザキッド

の2強の単勝オッズですね。

前日の夜では

7番及び8番は単勝3.6倍で並んでいました。

多くの競馬ファンは7番もしくは8番が皐月賞で優勝するんじゃないか?

という予想だったのではないでしょうか。

ただしオッズを見る限り、どちらが勝つのかまではわかりません。

できれば2頭から1頭に絞りたいですよね!

でこういった場合は

単勝で異常投票がないか、

つまりオッズの変動があるのかで判断できることもあります。

では7番と8番のオッズの変動についてもう少し詳しく見ていきましょう。

上の表は皐月賞の単勝の発売開始から確定オッズまでをグラフにしたものとなっています。

物凄くわかりにくくて申し訳ないのですが

黒い線→7番エフフォーリア

青い線→8番ダノンザキッド

となります。

一見、2つの線はほぼ同じような軌道をしているように見えますが

真ん中あたりと中間からやや右あたりで

若干差がある箇所があるのがわかりますでしょうか?

時間にすると

4月17日(土)7時59分~10時12分までの間

及び

4月17日(土)14時04分~17時13分までの間

に青線、つまり8番ダノンザキッドが上位に

そして黒線、つまり7番エフフォーリアが下の位置にと

少し差がついているのがわかります。

ちなみに

このグラフでは下に向かうほど単勝オッズが売れている、

という事になります。

ではこの時間帯でどのようなオッズの変動があったのか

見ていきましょう。

まずオッズに差のあった1か所目、

4月17日(土)皐月賞前日8時32分のオッズです。

上の表では

7番エフフォーリア:単勝オッズ3.6倍

8番ダノンザキッド:単勝オッズ4.7倍

と2頭のオッズ差でいうと1.1ポイントもの開きがありました。

何故ほぼ同じ単勝オッズの2頭で差が生まれたのか?

実はこの間において

7番エフフォーリアには数回の大量投票が発生していました。

  • 8時16分:4,222票
  • 9時22分:1,169票
  • 9時39分:3,887票
  • 9時50分:1,247票
  • 10時01分:2,624票

・・・・

と立て続けに1,000を超える投票がエフフォーリアには入っていました。

その後はダノンザキッドも投票を伸ばしていたのですが

極めつけは

4月17日(土)14時04分にてエフフォーリアには

大きく票が入っていました!

なんとその投票数:10,253票です(笑)

この14時04分の単勝オッズは

7番エフフォーリアが3.2倍に対して

8番ダノンザキッドは4.2倍となっていました。

このように時系列で見ていくと

エフフォーリアには

前日オッズにおいて

ダノンザキッドの票数を上回る

大きな投票があったんです。

もちろんダノンザキッドにも

10,000~20,000を超える表も入っていましたが

回数でいうと明らかに

エフフォーリアに大きなオッズ変動をさせる

票が入っていたのは

グラフからも明らかです。

という事は

2頭のうち1頭の勝ち馬を選ぶとなると

7番エフフォーリアに軍配を上げざるを得ません。

そして

結果はご存じの通り

7番エフフォーリアが完璧な立ち回りで完勝!

となりました。

このように

GⅠや重賞のレースでは

単勝や複勝オッズを変動させる

大量投票が馬券のヒントになる場合もあります!

今回の皐月賞では上位2頭のオッズが拮抗していましたが

オッズの変動や票の流れを見るだけでも

どちらが優勢なのか?

がわかったりします。

特に前日や深夜のオッズには要注意ですよ!

もし数字やグラフを見るのが苦じゃなければ

馬券予想のヒントとして研究してみてください。

まとめ

今回は競馬のオッズ変動は宝の山?大量投票から勝ち馬を推測する!!

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。