競馬の不思議な法則!!レースは違っても再現性がある法則とは

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて私が競馬で勝てない日が続いた10数年、ある師匠の教えを

いただき、

これはイケる!と思いオッズ理論を本格的に使いだして数年経ちますが

毎週必ずと言っていいほどオッズで読めるレースで勝てています。

という事はある意味オッズ理論は

競馬の不思議な法則

と言っていいでしょう。

とはいえ、不思議な法則と言っても

決して難しい理論は使っておらず、

オッズ取得時間帯とオッズ読みさえわかれば

誰でも競馬で勝てる!と自負しております。

という事で今回も

再現性のあるオッズパターンをご紹介したいと思います。

競馬の不思議な法則の基本は複勝オッズに秘密あり!

上の表は2021年3月21日(日)中山競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

で先に私の考える

競馬の不思議な法則というのは

複勝オッズにあるんですよね。

普通単勝オッズは人気の確認で見る事はあっても

複勝オッズなんか誰も気にしてないじゃないですか(笑)

なので逆に複勝オッズにヒントがあるのではないか?

と思いついたのが複勝オッズ理論だったんです。

と前置きは置いといて

レースに目を向けると

単勝オッズと複勝オッズの整合性が合っていない箇所がありますが

わかりますか?

馬番馬名複勝オッズ値
8フラッシングジェム3.3
10レッドゼノン4.3複勝異常
9ユメノサキ2.6
5グロンフォール4.0複勝異常
13ヒッチコック2.6

複勝オッズを単勝人気の順番に並び替えた状態で上から見ていくと

10番及び5番が上下の馬に比べて複勝オッズが高いのがわかりますよね。

という事は複勝オッズ異常馬という事になります。

複勝オッズ異常馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則から

8番9番13番が注目馬として浮上します。

あとは人気馬上位に馬券を流せばいいだけ。

特に難しい点はないと思います。

ちなみに注目馬同士の決着もあるっちゃあるのですが

そこまで馬券を購入すると点数が多くなるので個人的にはオススメしていません。

買い目は人気馬→穴の組み合わせが

的中率及び回収率もいいですよ。

という事で改めて馬券は

フォーメーション

8・9・13→12・1・2・11・3の15点買いで勝負です。

結果は

  • 1着:12番(1番人気)
  • 2着:13番(8番人気)
  • 3着:3番(4番人気)

注目馬として狙った13番が8番人気から見事2着に食い込んでくれました!

馬連12-13 2,810円は1番人気絡みなので低配当になっちゃいましたが

勝ちは勝ち!

もし3連複で買っていたら

3-12-13 5,790円

という配当でした。

このように

レースや馬が変わっても

オッズ理論が使える!

という事である意味

競馬は不思議な法則なんですよね~。

もし競馬で勝てない!

馬の能力どおり買っても勝てない!

のであればオッズ理論に足を踏み込むのもオススメですよ。

まとめ

今回は競馬の不思議な法則!!レースは違っても再現性がある法則とは

をお伝えしました。

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見させていただいてます。
    朝一オッズフリークとしてとても勉強になっています。
    今回の「競馬の不思議な法則はオッズ理論?」なのですが、
    朝一オッズ表と内容が間違っていると思われます。(私の環境ではそう見えてます)
    とても良いブログなのでもったいないと…
    後一つ質問なのですが、朝一枠連オッズはどのように入手しているのでしょうか?
    JRA-VAN Nextには入会しております。
    よろしくお願いします。

    • momo様

      いつもありがとうございます!
      ご指摘の記事ですがコピペする際の表がそのままになっておりました。
      申し訳ございません。早速修正させていただきました。

      また朝イチオッズに関してはJRA-VAN データラボ会員になられて
      時系列オッズViewerというソフトを使用しています。
      月額はデータラボで2,090円となっています。

      御確認くださいませ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。