競馬の馬連の買い方次第で儲かる??勝つための買い方とは?

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて現在の競馬の馬券で一番売れている買い目といえば3連単ですよね!

3連単はなんといっても一撃の破壊力がありますが、当てに行くのであれば

かなり買い目が増えますし

外れた場合のショックは大きいので個人的にはオススメできません。

しかし馬連の場合でしたら

当てやすさとそれなりの配当が見込めるので一番バランスのいい馬券だと思います。

では馬連で儲かる買い方って考えたことありますか?

今回は競馬の馬連の買い方で儲けよう!

テーマにお伝えしたいともいます。

馬連の買い方を変えれば儲かる??

結論から申しますと

基本的な馬連の買い方は

人気馬→穴馬

のパターンが一番当てやすく、かつ配当もそれなりに期待できます。

でもう少しご説明すると

人気馬は

1番人気から3番人気、混戦であれば5番人気まで。

穴馬は

6番人気から9番人気くらいを狙います。

で私もそうなんですが

人間って確率的に人気馬通しの決着になるんじゃないかな?

と思ってしまうんですよね。

1番人気→2・3・4番人気

流しみたいな感じです。

実はこれはこれで使える必勝法でもあるんですが(笑)

常にこの買い方だと控除率の関係でトータルプラスになりにくいです。

なのでレースのオッズを見てイケそうだったら

人気馬→穴馬のコンビネーションで買い目選定してください。

馬連の買い方をシミュレーション

2021年3月14日(日)中山競馬場第11レース、アネモネステークス朝イチオッズ

上の表は2021年3月14日(日)中山競馬場第11レース、アネモネステークスの朝イチオッズ表です。

でこのレースも例にもれず混戦模様なのであれような予感がします。

1番人気は8番で単勝4.4倍、複勝も1.8倍。データマイニング指数も数値が悪く

見立てとしてはあくまでも抑えまで。

そしてよく見ると気になる複勝オッズがあります。

  • 5番ルチェカリーナ:複勝オッズ 1.7倍→同一オッズ
  • 11番ベッラノーヴァ:複勝オッズ 1.7倍→同一オッズ

朝イチオッズの複勝同一オッズは馬券に絡みやすい!

ので5・11は馬券候補です。

さらに複勝異常オッズも出現。

馬番馬名複勝オッズ値
8フラッシングジェム3.3
10レッドゼノン4.3複勝異常
9ユメノサキ2.6
5グロンフォール4.0複勝異常
13ヒッチコック2.6

6番の複勝オッズ4.4倍は上下の馬に比べて高い複勝異常馬です。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から4番及び2番が穴馬として該当します。

さらに2番と7番は複勝同一オッズなので一応7番も抑えましょう。

という事でこのレースをまとめると

  • 1番人気8番はオッズ及びデータマイニング指数から軸にはできない。
  • 2番人気3番人気の5・11は複勝同一オッズで軸候補。
  • 複勝異常馬及び同一オッズから穴馬として4・2・7が浮上。

では馬連の買い方ですが

人気馬→穴馬

が基本なので素直に

8・5・11→4・2・7のフォーメーション9点買いでいいでしょう。

結果は

  • 1着:8番(3番人気)
  • 2着:4番(6番人気)
  • 3着:5番(1番人気)

朝イチ1番人気だった8番は3番人気に評価を落としましたが1着となりました!

そして穴としてねらっていた4番は2着に食い込んでいます。

何はともあれ人気馬→穴馬の決着で

馬連4-8は4,250円でした!

ちなみに買うのは難しいですが

3連複 4-5-8 5,060円

3連単 8-4-5 34,140円

も全く買えない馬券ではありませんでした。

でこのレースなんですが

大きな単勝断層が上位人気の方で1本、そして2本目が下位の方まで

行かないとなかった事から穴馬の食い込みも十分考えられたレースでした。

なので人気馬のどれか1頭と穴馬の組み合わせかな?

なんて予想するのも大切です。

是非このオッズパターンも覚えておきましょう!

まとめ

今回は競馬の馬連の買い方次第で儲かる??勝つための買い方とは?

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。