競馬朝イチオッズ不人気馬が狙い目だった理由【読者さま的中報告】

さて今回も読者さまから的中報告をいただいたので早速ご紹介いたします!

いつも参考にさせて頂いています。

本日中京12R的中しました。

朝一オッズで単勝7人気ですが複勝2人気の6番サトノルーチェに注目。

枠連人気からも急浮上していることから6→3.7.10.11.12.13三連複流しで19250円ゲットできました。

これまでも買い方に悩んで色々なレースに手を出してましたが改めて

朝一の複勝、枠連の動きは重要だと感じました。

これからも研究していき、チョコぱんさんのブログも参考にさせて頂きます。

Tさま、的中報告ありがとうございます&おめでとうございます!

さてT様が文章で狙われたレースなんですが

朝イチの複勝オッズ、そして直前のオッズが注目ポイントでしたので早速ご紹介したいと思います。

朝イチオッズから直前オッズで人気が出る馬は要注意

上の表は2022年2月6日(日)中京競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

さてこのレースのポイントは複勝オッズ異常馬だったのですが

その前に

1番人気のチェックを行っていきましょう。

朝イチ1番人気は3番モンファボリで

単勝オッズ2.9倍、複勝オッズは1.5倍となっていました。

そしてデータマイニング指数でもタイム型で2位、対戦型でも1位なので

一見軸としても問題なさそうに見えますが

複勝オッズ1.5倍というのがなんとも不安定な感じがします。

では2番人気の12番が狙えそう!

12番は3番人気とも単勝オッズ断層が入っていますので悪くはないのですが

複勝オッズ2.7倍なのでコチラも危なさそう。

では他に穴っぽい馬がいるか、複勝オッズをチェックすると

やたらと複勝が売れている馬が2頭ほどいます。

  • 6番:サトノルーチェ 複勝オッズ 2.3倍

さらに

  • 7番:ディヴィナシオン 複勝オッズ 2.5倍

6番と7番は単勝オッズに比べて異常に売れていました!

このように

複勝オッズが単勝オッズに比べて売れている馬は激走しやすい法則

から6番と7番は穴馬候補でした!

さらに絞り込むなら

6番は直前オッズにおいて単勝オッズが売れている事に注目!!

6番サトノルーチェは

締め切り直前では

なんと単勝オッズ5.1倍の2番人気まで売れていたのです。

このように朝イチ2桁オッズから1桁オッズで買われている馬は信頼できる馬と思っていいです。

という事で

このレース難解ではありますが

軸は6番!

あとは買い方だったのですが結果は・・・・

中京第12レース結果
  • 1着:12番オシリスブレイン(4番人気)
  • 2着:10番カーフライターク(10番人気)
  • 3着:6番サトノルーチェ(2番人気)

なんと軸指定の6番は惜しくも3着で馬連は獲り逃しでした!

そして1着はともかく2着に来たのは10番人気の10番だったんです。

コチラは私のオッズ理論では棒に引っかからない馬でしたね。

ですが冒頭でご紹介したTさまはきっちり相手候補に選ばれていました!

さらに3連複で買われていたので見事的中です。

いやぁ本当に素晴らしい読みでした!

3連複

6-10-12 19,250円の万馬券という結果でした。

という事でまとめると

朝イチの怪しい複勝オッズ、

さらに直前オッズが売れている馬は狙い目だった!というレースでした。

朝イチオッズはなぜか人気がないのに買われている馬が見つけやすいので

是非じっくり観察してみてくださいね。

まとめ

今回は競馬朝イチオッズ不人気馬が狙い目だった理由【読者さま的中報告】

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。