競馬枠連人気薄の枠の馬がなぜか馬券に絡んでくる??見分けるにはやはり枠連オッズ?

私の進化系オッズ理論はかなり特殊でして

メインはやはり朝イチの単勝複勝オッズ及び枠連オッズで馬券検討します。

でこのレース、荒れるだろうな・・・

と感じるのは単勝複勝の人気と枠連人気が一致しない場合です。

・・・

と書くと割と簡単なようですが競馬って締め切り時間もあるので

見逃すことも多いんですよ。

なのでオッズをじっくり見ないとせっかくの穴馬券も獲り損ねるかもしれません。

という事で盲点となる枠連オッズとはどんなものなのか、ご紹介します。

単複オッズで人気のない枠が人気で上位にくる異常オッズ

上の表は2021年7月11日(日)福島競馬場第10レース、天の川ステークスの朝イチオッズ表です。

でこのレースの単勝複勝オッズだけ見ても荒れそうなオッズになっているのがわかりますか?

まずは1番人気の6番ですが

単勝オッズは3.2倍、複勝オッズは1.6倍と微妙なオッズです。

私の経験上

朝イチオッズにおいて

単勝オッズ3倍以上、複勝オッズが1.5倍以上だと急激に信頼度が下がってきます。

さらにデータマイニング指数でもタイム型指数で5位なので

ここはよく見て相手どまりという感じです。

なので他の馬で軸となりそうな馬は・・・

なんですがどうも単勝複勝オッズでは読み切れません。

若干複勝オッズで候補馬がいますが、ちょっと難解ですね。

という事で奥の手、枠連人気を見ることにします。

上の表は単複オッズ同様、朝イチオッズの枠連人気ですが

この表を眺めてもすぐに読み取るのは難しいかもしれません。

なので枠連オッズ順に人気の枠をばらしてみましょう。

4枠→6枠→1枠→8枠→7枠→2枠→3枠

という順番になりますよね。

では同様に朝イチの単勝人気を順番に枠で見てみることにします。

4枠→6枠→1枠→8枠→2枠→3枠→5枠→7枠

もう太字で書いているのでわかると思いますが

7枠は単勝人気では最低人気枠となっているのに

枠連人気では5番手につけています。

しかも枠連人気では7枠は4番人気に来ているのがわかりますよね。

このように

朝イチオッズで

枠連人気>単勝人気になっている枠は激走する可能性が高い!

なので7枠の12番13番をもう一度単勝複勝オッズでチェックしてみると

  • 12番:複勝オッズ2.1倍
  • 10番:複勝オッズ5.8倍→異常オッズ
  • 13番:複勝オッズ4.4倍

12番と13番の間の10番の複勝が5.8倍で上下の馬に比べて高い異常オッズ馬となっていました。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

からもココは7枠2頭、つまり12番13番から馬券を組み立ててよさそうです。

一応保険で

7枠→4・6・1・8・2の5点

馬連は

12・13→6・11・1・14・2・12・13の11点で勝負です。

結果は

  • 1着:1番エブリワンブラック(5番人気)
  • 2着:13番キタノオクトバス(6番人気)
  • 3着:6番ファイアランス(1番人気)

狙った7枠13番は人気を上げて6番人気となりましたが無事2着を確保!

枠連

1-7 5,020円で枠連としては高配当!

馬連も

1-13 16,200円

でこれはつきすぎじゃない?という万馬券決着でした!

という事で

朝イチの枠連人気の異常に気付けば

荒れるのがわかり7枠から入る事も可能だったのではないでしょうか。

この枠連人気>単勝人気パターンは割と頻繁に出ますし

なおかつ来たら高配当になるので見落としのないように馬券検討してみてくださいね。

まとめ

今回は競馬枠連人気薄の枠の馬がなぜか馬券に絡んでくる??見分けるにはやはり枠連オッズ?

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。