競馬単勝馬券は1番人気と2番人気どちらがお得?オッズから見る単勝馬券の狙い目

競馬の単勝馬券は的中させるのが難しいと思われがちですが

実は1点で単勝を仕留めることができたら単勝馬券も非常に有効なんです。

であればどうやって単勝馬券を当てるか?ですよね。

という事で今回は

1番人気と2番人気の単勝馬券でどちらがお得なのか?

お伝えしたいと思います。

オッズを見極めて単勝馬券を狙う

先に結論を言っちゃうと

1番人気の単勝と

2番人気の単勝なら

絶対に2番人気の単勝馬券を狙った方がいいです。

オッズ的にも2番人気の方が旨味があるので当然といえば当然ですが

ただやみくもに2番人気の単勝馬券を買えばいいというものではありません。

ではいつ狙うか?ですがオッズ理論でも狙い目となるオッズがあるんですよね。

上の表は2021年7月31日(土)函館競馬場第9レースの朝イチオッズ表です。

このレースでは

1番人気と2番人気の単勝オッズと複勝オッズに注目していきましょう。

まずは1番人気から。

1番人気は11番で

単勝オッズが2.4倍

複勝オッズが1.5倍となっています。

次に2番人気のオッズも確認していきます。

2番人気は6番で

単勝オッズが5.9倍

複勝オッズが1.1倍となっていました。

さて1番人気の11番と2番人気の6番、どちらが狙い目かというと

お伝えした通り

2番人気の6番が絶好の狙い目のオッズとなっていました。

ではなぜ2番人気の6番が単勝の狙い目だったのか2つ理由をご説明します。

まず1つ目は複勝オッズですね!

朝イチ時点では

6番の複勝がかなり買われていて1.1倍の複勝オッズとなっていました。

という事は

1番人気の11番よりも2番人気の6番がかなり信頼度が高そう!

ちなみに朝イチ単勝オッズが5倍台で複勝オッズ1.1倍というのは

あまりお見掛けしないオッズなんですが出現したら激アツ馬と思っていいです。

で次に直前オッズの単勝の下がり具合を見てみます。

締め切り5分前オッズですが

11番単勝オッズは朝イチ2.4倍→2.2倍でそれほど変化なし。

一方で

6番単勝オッズは朝イチ5.9倍5.0倍までオッズが下降しています。

ちなみに3分前だと単勝オッズは5倍を切って

最終4.3倍まで下がっていました。

このように朝イチオッズから1ポイント以上オッズが下がる人気馬もかなり信頼度が高くなります。

という事で

複勝オッズとオッズの下落から

今回は6番の単勝を狙ってみます。

結果は

  • 1着:6番アルバーシャ(2番人気)
  • 2着:3番ウインザナドゥ(4番人気)
  • 3着:8番ヴォリアーモ(10番人気)

最終2.2倍の単勝1番人気11番は5着と惨敗で

やはり2番人気の単勝がオイシイ!ということなりました。

2番の単勝配当は430円

と一見大したことがないように見えますが

1点的中なので

回収率は430%!

下手な3連単で的中させるよりも余程効率がいいのがわかってもらったら幸いです。

まとめ

今回は競馬単勝馬券は1番人気と2番人気どちらがお得?オッズから見る単勝馬券の狙い目

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。