競馬3強人気は信用できない?激走馬をオッズから推理する

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて今回も面白いオッズがありましたのでお時間を割いて見ていただいているあなたにだけシェアしたいと思います。

記事タイトルにもありますが競馬の3強、つまり上位3頭が4番人気以下を離しているオッズの事を指します。

でこういったレースは人気通りで決まるかと思いきや、

そうはならないんですよね。

その辺りも含めてご紹介します。

競馬の人気上位3強で決まるのか?オッズから見る激走馬は

以前にも同じような事をお伝えしたと思うのですが

競馬の人気上位3強で決まるかというと決まらない事が多いです。

でそのほとんどが

  • 上位3頭の内、2頭が馬券に絡んでくる
  • 上位3頭の内1頭のみ馬券に絡み、残り2頭は穴馬

この2つのパターンが多いですね。

なので人気3頭が1着から3着を独占するパターンは少ないです。

そして今回紹介するレースも

結果的に上位3頭の内、1頭しか馬券に絡みませんでした。

ではオッズにおいてどんな特徴があったのか、早速レースのオッズを見ていきましょう。

2021年3月14日(日)阪神競馬場第10レース

上の表は2021年3月14日(日)阪神競馬場第10レース、伊丹ステークスの朝イチオッズ表となります。

で注目したいのは上位3頭のオッズです。

  • 13番:キーフラッシュ 単勝4.1倍
  • 8番:メイショウダジン 単勝4.2倍
  • 5番:エイシンアメンラー 単勝4.6倍

上位3頭のオッズが単勝4番人気から2倍以上の断層を付けて人気となっていますよね。

であればこの3頭馬連ボックスで・・・と考えがちですがこの考えはちょっと危険です。

確かに3頭の内、2頭絡む事もありますが穴馬もチェックしてみてからでも遅くありません。

という事でいつも通り1番人気の信頼度をチェックしてみましょう。

1番人気13番の単勝オッズはお伝えした通り

4.1倍。そして複勝オッズは2.3倍?なんと複勝オッズは5番人気でした。

このオッズかなり違和感がありますね。

さらにデータマイニング指数ではタイム型及び対戦型どちらも指数が悪いです。

そもそも上位3頭とも単勝オッズ4倍台なのでどの馬も軸にするには危険でしょう。

なので上位3頭は相手候補として他の注目馬を探してみます。すると

複勝オッズで気になる異常オッズがあります。

  • 2番:ペガサス 複勝オッズ 2.2倍
  • 10番:ストーンリッジ 複勝オッズ 4.0倍→異常オッズ
  • 9番:タマモサンシーロ 複勝オッズ 2.0倍

10番の複勝オッズが上下の馬に比べて高く異常オッズを示しています。

異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から2番及び9番が注目馬で良さそうですね!

さらに9番なんですが枠連人気でも暗示がありました。

上の表は阪神10レースの枠連人気の朝イチオッズですが

枠連人気順に枠を並び替えると

5枠→4枠→6枠→8枠→2枠

となっていますよね。

3強の順番だったら8枠の方が6枠より上位に来ていないとおかしいのに

何故6枠絡みが枠連2番人気に?

という事に気づけば

自然と6枠9番は馬券に入れないといけませんよね!

ではまとめると

上位人気3頭はオッズから見ても抑えまで。

異常オッズと枠連人気から

2番及び9番を軸でいいでしょう。自信があるのなら9番のみでもいいですけどね。

ここは安全策で

2・9→13・6・5・4・2・9

の馬連9点、3連複16点で勝負です。

結果は

  • 1着:9番(4番人気)
  • 2着:4番(7番人気)
  • 3着:13番(3番人気)

1着に来た6枠9番ですが、競馬ファンの目がすばらしく4番人気まで上昇していましたが、オッズの狙い目どおりとなりました!

そして朝イチ上位3頭でいうと13番の3着が最高順位という結果で

1頭しか馬券に絡みませんでした。

馬連4-9 7,190円はかなりいい配当!

3連複 4-9-13 13,800円も納得の配当でしょう。

このように3強人気のオッズでもいつも通り全体のオッズを把握して

最終的な結論を出してみましょう!

まとめ

今回は競馬3強人気は信用できない?激走馬をオッズから推理する

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。