競馬オッズ理論を勉強しているなら必ず獲ってほしい!!御手本レース紹介

競馬のオッズ理論を使えるレースっていうのは

実はそんなになくて本当に勝負できるレースは

12レース中1~2レース程です。

ただオッズ理論で読み切れるレースがあれば

是非とも勝負してほしい!

そんな御手本のようなレースがありましたので

もし貴重な時間を使って読んでいただいているのであれば

絶対に獲ってほしいレースがありましたのでご紹介します。

複勝オッズとオッズ断層だけで高配当レース!!こんなレースのオッズは見逃し厳禁

オッズ理論の醍醐味といえば

馬の能力や騎手の技量、さらには枠の不利有利がわからなくても

数字さえわかれば勝負できるんですよね。

私の競馬人生の中でも最強の法則といえるオッズ理論の真骨頂

と言えるレースを紹介しましょう。→ちょっとオーバーですが(笑)

上の表は2021年6月6日(日)東京競馬場第12レース、小金井特別の朝イチオッズ表です。

でこのレースのポイントは

複勝オッズ

オッズ断層

が読み取れるかどうか?

でした。

その前にいつもの通り1番人気のチェックをしてみます。

朝イチ1番人気は7番で

単勝オッズは3.4倍、複勝オッズは1.8倍でした。

データマイニング指数は共に1位でしたが

複勝オッズが1.8倍でちょっと軸に推すには危険っぽいです。

なので違う馬から入りたいのですが

穴っぽい馬は発見できますでしょうか?

ヒントは先ほど言った通り

複勝オッズ

オッズ断層

でしたよね。

なので一つずつ確認してみましょう。

まずは複勝オッズから。

これは割と簡単で複勝異常オッズが1頭いるのがわかります。

  • 3番:ヘライア 複勝オッズ 3.4倍
  • 5番:チュウワフライヤー 複勝オッズ 6.0倍→異常オッズ
  • 2番:フォークテイル 複勝オッズ 4.8倍

5番の複勝オッズは6.0倍と上下の馬に比べて明らかに高い!いわゆる複勝異常オッズ馬で

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から注目馬は3番及び2番で良さそうです。

でさらに後押しだったのが単勝オッズ断層でした。

オッズ断層は全部で2本しかない荒れ模様のオッズ断層。

そして注目は2本目のオッズ断層で

複勝異常オッズで注目馬に推した3番と5番の間に

1.9倍の大きなオッズ断層が入っていました!

という事は軸は3番で問題なし!

あとは

3番から上位人気に流すだけで馬券勝負です。

馬連は

3番→7・14・6・10・13

結果は

  • 1着:3番ヘライア(7番人気)
  • 2着:14番メイショウマサヒメ(4番人気)
  • 3着:13番クレデンザ(5番人気)

複勝オッズ及びオッズ断層のダブルで

まさにオッズ理論のお手本となる暗示が入り

見事3番が1着となりました!

馬連3-14 7,900円は

かなり良い配当でしょう。

もし3連複も買っていたら的中で

3連複 3-13-14 15,400円の万馬券

そして

3連単はもし1頭軸マルチで買っていたら

3-14-13 130,660円

も的中でした(笑)

こんなに上手くいくオッズも滅多に出現しませんが

もし朝イチ取得時間で

上手く出現したら勝負してもいいかも?ですよ。

是非オッズだけでも馬券が獲れる術を覚えてくださいね。

まとめ

今回は競馬オッズ理論を勉強しているなら必ず獲ってほしい!!御手本レース紹介

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。