競馬3強では決まらない不思議なオッズ!!安全勝ちには落とし穴が待っている

今回のレースですが以前にも紹介したことのある

完全に1番人気から3番人気で決まっちゃうんじゃない?

というオッズの紹介をしたいと思います。

ちなみに前回紹介した記事はコチラ。

こうして見ると3強のオッズって割と頻繁に出現しやすいのかもしれませんね。

では今回紹介する3強のレースは1着から3着まで3強で独占するのか?

早速確認していきましょう。

3強のオッズは3強で決まらない?

前回の記事もそうですが

3強が強そうだからといって人気3頭で決まらない場合が多いです。

というか

3強の馬券を買うくらいなら見送りした方がいいかもしれないですね。

それくらい3頭で人気を分け合う馬券って儲かりません(笑)

でも勝負するのであれば

オススメは

穴馬から3強へ流し馬券

です。

であれば多少はドキドキしつつ、配当妙味もあったりしますからね。

上の表は2021年6月20日(日)東京競馬場第7レースの朝イチオッズ表です。

で見てほしいのですが

単勝オッズで3番12番14番

が抜けたオッズになっているのがわかりますか?

3頭とも単勝オッズは3倍以下

3番人気と4番人気との単勝オッズ断層は4.0倍もある事から

かなりの票が入っているのがわかります。

なので

馬連オッズでもこの3通りの馬連がかなり売れていました。

であれば

この3頭ボックスでいいんじゃない?

と思うかもしれませんが

先ほど言った通り

3頭ボックスでは儲かったとしても微々たる配当にしかなりません!

逆に外した場合はイタイ!

という事でこの3頭に割って入る馬は・・・・なんですが

このレース、オッズ断層である程度穴馬が絞れます。

オッズ断層は全部で4本、

しかも上位に固まって入っていることから

上位絡みの馬券で良さそうです。

そして注目は

3本目と4本目の断層で

7番及び16番が穴候補として浮上します。

7番は朝イチオッズで8番より複勝が売れているオッズですし

16番は断層が連続して入っている、いわゆるポツン馬ですね。

※ポツン馬についてはコチラを参考にしてください。

なので馬券の組み立てとしては

今回は3強のうち2頭は馬券に絡みそうなので

3連複馬券で勝負します。

フォーメーション

7・16→3・12・14→3・12・14の6点買いでどうでしょうか。

結果は

  • 1着:12番ルコルセール(2番人気)
  • 2着:14番アナンシエーション(3番人気)
  • 3着:7番トーホウボルツ(4番人気)

やはりこのレースでも3強決着とはなりませんでしたね。

ちなみに1番人気の3番オセアダイナスティは

データマイニング指数が悪かったことから

勝負に行くなら3番を切ってもよかったのかもしれません。

3連複

7-12-14 1,210円

は安いですがオッズ的には3強で決まらなかったこともあり予想がうまくハマりました(笑)

当然

3強がそのまま馬券を独占するレースもありますが

競馬で儲けるのなら

3強→穴馬パターンがあるのかどうか?

一度確認した方がいいでしょう。

特にこのレースではオッズ断層の入り方が参考になると思うので

覚えていただけば幸いです。

今日のブログ記事では

3強オッズ

その辺の事についてイマイチわからなかったりもっと掘り下げて

聞きたいことがあったらメールくださいね!

まとめ

今回は競馬3強では決まらない不思議なオッズ!!安全勝ちには落とし穴が待っている

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。