競馬の枠連同枠の馬を狙って万馬券!!少点数なのに破壊力抜群!!

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて現在JRAで発売されている券種の中で

ダントツに人気のない(笑)券種といえば

枠連なのですが

実は枠連こそ競馬で勝てるヒントが詰まっているんです。

この話をすると長くなるのでまた別の機会でお話しますが

今回は超わかりやすい馬券術をお伝えします。

その名も

枠連同枠を狙って万馬券!

という夢のある競馬必勝法なるものがあります。

必勝法をいうのはちょっと盛っているんですけど

競馬の人気枠の同枠馬、つまり人気薄がなぜか

馬券に絡む事って競馬の不思議な法則で昔からあります。

ただやみくもに

枠連同枠の人気薄を狙っても意味がないので

ある程度オッズで来るかも?

と読めるレースがありましたのでご紹介しますね。

少点数で枠連同枠馬を狙い撃ち!

早速競馬枠連同枠馬を狙う馬券術を簡単に解説すると

  • 朝イチオッズの枠人気を確認
  • 上位人気の信頼度を確認
  • 同枠人気薄の単勝複勝オッズを確認

こんな感じです。

といってもよくわからないと思いますので実践レースをご紹介します。

上の表は2021年3月28日(日)阪神競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

オッズは割れており混戦模様のレースとなっていますね。

まず枠連人気なんですが

同時刻の枠連人気は以下の通り。

1番人気は

3-5

2番人気は

5-7

となっていますね。

という事は5枠が1番人気枠で馬券に絡む可能性が高い!

と読みます。

次に単勝オッズの人気馬をチェックしましょう。

1番人気は3枠6番エンプティチェアで

単勝オッズ4.1番、複勝オッズは1.7倍で危険な人気馬の予感がします。

データマイニング指数もあまり良くなく、飛ぶ可能性がありますね。

そして2番人気5枠9番も

1番人気と似たようなオッズでコチラもアヤシイ??

ただ枠連ではどちらも人気枠となっていましたから

3枠5枠の人気薄の方のオッズを確認してみましょうか。

まずは3枠5番モズダッシュスターから。

5番は朝イチ単勝4番人気で

単勝オッズ7.9倍。

そして複勝オッズなんですが2番人気の1.9倍と売れています。

複勝1倍台なので馬券に絡む可能性は高そう!

さらに5枠の人気薄、

10番ビートマジックのオッズも確認します。

10番は単勝9番人気で

単勝オッズ23.8倍。複勝オッズは3.7倍。

ちょっと狙いにくいですがよく見ると

複勝異常オッズの馬11番サンビショップの上に配置されています。

馬番馬名複勝オッズ値
8フラッシングジェム3.3
10レッドゼノン4.3複勝異常
9ユメノサキ2.6
5グロンフォール4.0複勝異常
13ヒッチコック2.6

11番及び15番が上下の馬に比べてオッズが高い、

いわゆる複勝オッズ異常馬となっています。

複勝オッズ異常馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則から

10・3・7が注目馬として挙がりますが

ここは人気枠に配置された5枠10番を狙っていきます。

※もちろん10・3・7から上位流しの馬券でも考え方としては間違っていません。

で問題は馬券の買い方ですが

枠連人気をもう一度確認すると

5枠→3枠→7枠

の人気順でした。

安全策でいけば5枠→3・7枠の買い方でいいのですが

ここは少点数で狙い撃ちする作戦を取ります。

つまり

馬連は3枠と5枠のフォーメーション、

5・6→9・10

の4点で勝負です。

もし外れても少点数なのでかすり傷程度でしょう(笑)

結果は

  • 1着:5番(5番人気)
  • 2着:10番(9番人気)
  • 3着:8番(3番人気)

枠連人気同枠の人気薄同士の決着となりました!

ちなみに

枠連3-5は630円の1番人気だったのですが

馬連

5-10は12,680円!

の万馬券決着。

結果的に複勝異常オッズ上下の馬から流しても的中なんですが

4点で万馬券なら大幅に回収率が上がります!

このレースはかなり特殊なケースではありますが

人気馬の同枠人気薄が激走するパターン

意外と多いので

枠をバラして馬連で購入する手法は結構使えますよ!

まとめ

今回は競馬の枠連同枠の馬を狙って万馬券!!少点数なのに破壊力抜群!!

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。