競馬オッズで勝つには複勝オッズと枠連人気にヒントあり!見逃すと好配当を取り損ねる?

私の過去記事では何度もお伝えしていますが

競馬で勝つには朝イチのオッズにヒントが隠されています。

そして毎レース出現するわけではありませんが

整合性がとれていないオッズを見つけ勝負する!

という感じです。

具体的には複勝オッズと枠連人気に大きなヒントが隠されている場合が多いです。

ですが

多くの競馬ファンが見逃しています(笑)

なので好配当になったりするんですけどね。

という事で今回も非常に参考になるレースがありましたので紹介したいと思います。

朝イチオッズに大きなヒントあり

上の表は2021年9月4日(土)新潟競馬場第8レースの朝イチオッズ表です。

でよくよく見るとオッズを読み取るのが意外に難しいレースだったかも(笑)

ですが紐解いていくと正解にたどり着きますからね。

まずは1番人気の5番をチェックします。

一目単勝2.2倍で抜けた人気に見えますが

複勝オッズ1.5倍でイマイチ売れていません。

さらにデータマイニング指数でも

タイム型対戦型共に1位を獲得できておらずオッズ理論的には危ない1番人気と言えます。

ではどの馬が狙えそうなのか?

ですが複勝オッズで異常となっている馬がいますよね。

  • 8番:エピックガール 複勝オッズ3.8倍
  • 4番:アラカザーム 複勝オッズ 5.4倍→異常オッズ
  • 11番:ビップエレナ 複勝オッズ 3.7倍
  • 15番:チアフルローズ 複勝オッズ 7.0倍→異常オッズ
  • 9番:ルミエールソレイユ 複勝オッズ 2.5倍

4番と15番の複勝オッズが上下の馬に比べて異常に高い、いわゆる複勝異常オッズ馬となっています。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から8番11番9番が穴馬として浮上します。

もちろんこの3頭から上位人気に流してもいいのですがもう少し点数を減らしたい!

という事で次にオッズ理論の奥義、枠連人気を見てみましょう。

この朝イチ枠連オッズがメチャクチャわかりやすいのですが

枠連人気が

4-6

3-6

と続いていますよね。

という事は6枠が馬券に絡む確率が高い??

確か穴馬の中に6枠11番がいたような・・・

とヤマ感が冴えたらあとは当たったも同然(笑)

軸は人気の6枠10番と穴馬11番から上位流し

馬連

10・11→5・6・14・10・12・11

の9点買いで勝負です。

結果は

  • 1着:11番ビップエレナ(8番人気)
  • 2着:10番チャイブテソーロ(3番人気)
  • 3着:7番スマートレジーナ(15番人気)

6枠が朝イチ人気していたので10番を軸にして11番を相手候補としても的中だったので

私の記事を見ていただいた方なら割と楽に獲れた馬券だったのではないかと思います。

馬連

10-11 3,490円

は理想的な好配当となりました。

このように

枠連人気になっているのに単勝人気がイマイチ、さらに複勝オッズが異常と

買える要素が複合すると勝負しやすいレースとなります。

また1番人気のデータマイニング指数がイマイチだったのも買いの要素でしたね。

流石に15番人気の3着馬は全くノーマークでしたが(笑)

という事ですべてのレースで当てはまる事はありませんが

このレースのように

アレ?と思うレースがありましたら狙ってみてもいいでしょう。

まとめ

今回は競馬オッズで勝つには複勝オッズと枠連人気にヒントあり!見逃すと好配当を取り損ねる?

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。