雷光特別【2021年】振り返り!!新潟芝1000はやはり外枠が強い!!

先に申しておきますと

2021年9月5日(日)新潟競馬場第12レースの新潟名物

芝直線1,000mの競馬ですが惜しかった(笑)

実は買った馬ではなく狙い目の馬が3着で惜しくも馬券は逃す事になったのですが

私のオッズ理論でも新潟芝1,000mは外枠有利というのが使えそうだったんですけどね・・・

という事で

執筆時においてはしばらく新潟競馬場はお休みとなりますが

再び新潟開催の時は

人気に関わらず外枠有利!というのを覚えてもらいつつレースを振り返りたいと思います。

新潟芝直線は外枠有利!!あとはオッズで狙いを定める

念のため申しておきますと

新潟芝直線1000m戦でやみくもに外枠を狙うのではありません。

そこは進化系オッズ理論で

狙える馬のオッズがいけそうなら狙う!

というのをお伝えしつつ、早速2021年の雷光特別の朝イチオッズを確認してみましょう。

朝イチオッズでチェックすると単勝オッズは混戦模様で予想が難しかったかもしれません。

・・・

ですが思い出してください。

新潟芝直1,000m戦は外枠有利でしたよね。

なので8枠及び7枠の計5頭のうち狙えそうな馬は・・・

  • 15番:ブレスドレイン 単勝オッズ9.9倍→単勝オッズ断層の手前に配置及び異常オッズ馬の上
  • 17番:ニルカンタテソーロ 複勝オッズ5.0倍
  • 14番:アドマイヤレオ 複勝オッズ5.2倍→複勝オッズ異常
  • 13番:ストレガ 複勝オッズ4.3倍

15番は単勝オッズ断層手前及びその下の1番の複勝5.6倍は明らかに複勝異常なので候補。

そして17・14・13番は全て外枠なのですが

敢えて言うと14番が複勝異常オッズとなっており

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から17番及び13番が馬券の候補でした。

オッズは全て穴馬なので3頭から馬連フォーメーションを組んでもよかったんですけどね~。

あえての13番を選んで失敗しております(笑)

穴でいくならある程度点数を多く張った方がいいでしょう!と自分に言い聞かせています。

なので買い目としてはオッズからも狙える外枠

15・17・13→12・16・10・7・15・17・13

の18点買いが正解でした!

ちなみに1番人気の4番は不幸にも内枠を引き当てたのと

朝イチ単複オッズが悪かったので消しとしています。

結果は

  • 1着:17番ニルカンタテソーロ(8番人気)
  • 2着:7番トミケンルーア(3番人気)
  • 3着:13番ストレガ(11番人気)

本当ならオッズ理論でバッチリ的中!

だったのですが欲を出して13番軸にしたため失敗しております(涙)

残念ですがオッズ理論としては正解に導けたので良しとしましょう。

馬連 7-17 7,180円

は意外と安い!という事は競馬ファンの外枠狙いで多くの票が買われていたと思います。

そして本当に残念なのは3連複ですね。

7-13-17 54,750円はどう考えても仕留めなければいけなかったと猛反省です。

少額でも買っておけば5万円馬券ですからね。これは痛かった(笑)

という事で最後に枠連オッズも見ておきますね。

朝イチオッズでは

6-8が1番人気なのはまぁいいとして

7-8が2番人気だったんです。

でいつも言っている

枠人気>単勝人気パターンだったので

7枠が来る!とおもったんですけどね。惜しくも3着どまりでした。

ですがこのパターンは本当によく穴馬券としてメチャクチャ来ますから覚えておくといい事がありますよ!

まとめ

今回は雷光特別【2021年】振り返り!!新潟芝1000はやはり外枠が強い!!

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。