競馬の必勝法は使い方によって毒にも薬にもなる!!状況に応じて勝ちにつなげる

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて私のオッズ理論は

誰でも使える競馬必勝法としてお伝えしましたが

当然いつも同じパターンで来るとは限りません。

上手くレースを変えながら

競馬で勝てないようにしている気がするんです。

つまりワンパターンの競馬必勝法では

時には毒にも薬にもなりますよ!

というお話をレース実践を交えながらお伝えしたいと思います。

競馬必勝法も100%使えるものではない!アレンジして作戦を練る

上の表は2021年4月3日(土)中山競馬場第3レースの朝イチオッズ表です。

まずは1番人気のチェックから入ります。

1番人気8番は単勝オッズ1.8倍、そして複勝オッズも1.1倍の1位。

そしてデータマイニング指数でも

タイム型及び対戦型指数でも1位となっています。

この単勝1.8倍-複勝1.1倍パターンは

先日2021年4月4日(日)行われた大阪杯の

1番人気コントレイルと全く同じパターンでした!

つまり

1番人気8番の優勝する確率は40%程度。

もちろん8番から馬券を組み立ててもいいのですが

2着以下に落ちる確率の方が60%もある!

のであれば別の馬のほうがいいかも。

という事で圧倒的な1番人気ではありますが

評価は相手までにしておきます。

この辺りも競馬必勝法を臨機応変に使う!という感じでしょうか(笑)

では狙いの馬は他にいるの?

という事で探してみると気になる馬が2頭います。

  • 14番:ワールドマックス 複勝オッズ3.7倍
  • 2番:ラロワイアル 複勝オッズ3.7倍

この朝イチ複勝同一オッズ並びが気になります。・・・・

なんですが私はこのレースでは

2頭を無視いたしました(笑)

今までお伝えしてきた通り

複勝同一オッズ並びは馬券に絡みやすい法則から

狙えるハズなんですが

いつもいつも来るとは限りません。

それはなぜか?

なんですが他にこの2頭を推せる後押しがなかったからなんですよね。

もし何かしらのプッシュポイントがあれば

当然勝負となるのですが、今回はそれがありませんでした。

ではどの馬を狙ったのか?

2頭複勝同一オッズの下、

4番ブンタアレナスを狙ってみました!

4番も強烈な暗示はなかったのですが(笑)

3本目のオッズ断層の前後に配置されていたこと、

そして馬連オッズでは1番人気との馬連が

単複に比べて大きく売れておりました。

この辺りの判断は難しいですが

まぁ外れてもいいだろう(笑)

と軽く考えたのがよかったのかもしれません。

なのでまとめると

この中山3レースは

  • 単勝オッズ断層及び馬連の人気から軸は4番
  • 相手は人気上位

念のため単勝も抑えつつ、

馬連4番→8・9・1・10・12

の5点買いで勝負です。

結果は

  • 1着:4番(6番人気)
  • 2着:9番(4番人気)
  • 3着:10番(2番人気)

4番は順位を上げて6番人気となりましたが

見事1着となりました!

単勝は思いのほかついており配当は

4番 3,030円!

これは狙いがバッチりでした。単勝を抑えておいてよかったです。

馬連は

4-9 14,280円と

びっくりの万馬券でした!

やはりダントツの1番人気がコケてくれると

配当も熱いですね!

最後にまとめると

必勝法も時と場合によって使い分けが必要!

です。

ただどのように必勝法を使っていくかというと

オッズパターンの見極めですね!

いろんなレースを想定して

賭けなくていいので予想してみてくださいね。

まとめ

今回は競馬の必勝法は使い方によって毒にも薬にもなる!!状況に応じて勝ちにつなげる

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。