大阪杯【2021年】結果とオッズから狙えたのか?振り返り

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて2021年の大阪杯ですが

100人中99人はまさかの結果だったのではないでしょうか?

というのも

無敗の3冠馬、コントレイルが敗れるとは・・・

やはりこれが競馬ですね!

どんなに強い馬でも連戦連勝はありえません。

なので

今回の大阪杯で優勝したレイパパレも

現状では6戦6勝ですが

近いうちに負ける時が来るでしょう。

とはいえ2021年の大阪杯は

普通の予想で的中させるのには

かなり難しかったと思いますが

オッズ理論から予想していたら

的中の可能性は少しはあったかも(笑)

という事で

今回は

2021年大阪杯をオッズから振り返りたいと思います。

大阪杯の狙いの馬をオッズから選択

オッズ表の前にとっても珍しい画像を(笑)

上の表は2021年大阪杯朝イチオッズにおける

単勝人気順の断層表です。

この断層の入り方、かなり珍しくて

1番人気→2番人気→3番人気→4番人気

にガッツリ断層が入っています。

そして4番人気以降は断層がないという(笑)

断層の考え方は

下の断層の馬が断層を飛び越えて馬券に絡むというのは

それほどありません。

ですのでこの断層だけ見ると本命レースかな?

と思っても仕方ないですね。

では次に大阪杯の朝イチオッズ表を見ていきましょう。

現在オッズのソフトのエラーのため馬名が表記されていないので

申し訳ないのですが

逆に予想するには変な感情が入ってこないのでいいのかも(笑)

という事で

まずは1番人気7番コントレイルの信頼度を確認します。

7番は単勝オッズ1.8倍、複勝オッズも1.1倍

そしてデータマイニング指数も

タイム型及び対戦型とも1位を獲得しています。

なので通常であれば7番から馬券を組み立てても全く

問題ありません。・・・

でしたがこのオッズでも負けてしまうのが競馬の怖いところです。

ちなみに確定オッズでも

コントレイルのオッズは単勝1.8倍、複勝1.1倍だったのですが

過去1,000レースで

単勝1.8倍、複勝1.1倍の信頼度は以下の通りとなります。

  • 勝率は42.7%
  • 連対率は63.3%
  • 複勝率は77.4%

あなたはこの結果を見てどう思われますか?

個人的には

単勝1.8倍の馬だったら8割くらいは1着に来るイメージがありましたが

予想よりかなり下回った数字だと思います。

なので

単勝1.8倍、複勝1.1倍でも10回のうち6回は2着以下に沈む!

と覚えておきましょう!

では2番人気の12番グランアレグリアが

狙い目なのか?というと中々判断が難しい・・・

3番人気2番サリオスも同じくです。

となれば

4番人気8番レイパパレでしょう(笑)

なんだかこじ付けで持ってきた感が否めませんが

それなりの理由があります。

私の過去記事を見ていただければわかりますが

8番レイパパレは

単勝オッズ断層に挟まれた馬、

いわゆるポツン馬だったのです。

※ポツン馬の詳細についてはコチラの記事にて説明しています。

簡単にレイパパレがポツン馬である理由を説明すると

単勝オッズの上下で断層が入っていたからなんです。

  • 2番サリオスと8番レイパパレとの断層差→1.8倍
  • 8番レイパパレと6番ワグネリアンとの断層差→3.8倍

という事で

レイパパレはポツン馬として抽出できた馬でした!

ポツン馬は馬券に絡みやすい特徴があるので

狙い目の馬だったんです。

なので

大阪杯はレイパパレから入っていたら

的中できたかも?

ただ2着に来た1番モズベッロに流すのは至難の業だったかもしれません。

一応1番モズベッロは

朝イチオッズでは複勝オッズ異常馬13番の下に配置されていましたが

レイパパレ→モズベッロは

今考えても難しいですね!

ワイドなら取れていたかも。

馬連 1-8 19,080円は

ちょっと配当が安い気がしますが

ゲットした方も多かったのかもしれません。

人気的には

4番人気-6番人気の決着ですからね。

ただ

コントレイルから3連複を買っていたら

1-7-8 7,140円

コチラの方が現実的には獲れそうな馬券でしたね!

もう一度戻りますが

単勝1.8倍、複勝1.1倍の3着以内データは

77.4%もありますから

3連複1頭流しなら的中できたかもです。

という事は

単勝1.8倍複勝1.1倍の馬は

2着・3着付の馬券必勝法があるかもしれません。ちょっと研究したいと思います。

もし7番コントレイルの3着馬券を買っていたら

3連単 8-1-7 106,210円の

10万円馬券でしたがコチラも配当が低い!

やはり

8番の単勝 1,220円が一番効率が良かったりして(笑)

という事で

2021年大阪杯の結果を見て今後の予想に役立てましょう!

まとめ

今回は大阪杯【2021年】結果とオッズから狙えたのか?振り返り

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。