競馬の配当が安くても堅いレースは少点数で仕留める!!馬連3点買いでお小遣い稼ぎ

競馬の勝ち方はいろいろありますが

自信のある馬券をきっちり仕留める

事が大事です。

で自信のある馬券というのはもちろん千差万別で人によって違うと思います。

・・・・

なんですが競馬の世界は強い馬が勝つ!

というのを考えれば

ある程度人気馬の組み合わせの馬券を獲りながら

穴馬券を狙う!というスタイルがオススメです。

と前置きが長くなりましたが

今回は人気サイドの馬券術です。

といっても堅い馬券についての記事ってネット上では書いていないと思います。

ですがこういった期待値の高い馬券を狙うだけでも収益は違ってきますから読んでいただければ幸いです。

堅い馬券の見分け方は複数のオッズ馬券の組み合わせ

堅い馬券と書きましたが

オッズ馬券術で見るポイントは同じなので安心してください。

では参考レースをご紹介します。

上の表は2021年7月18日(日)小倉競馬場第4レースの朝イチオッズ表です。

でまずはいつものように1番人気のチェックから。

朝イチ1番人気は4番で

単勝オッズ1.6倍

複勝オッズ1.1倍

となっています。

オッズを見る限り非常に強い1番人気ですよね。

・・・・

ですがデータマイニング指数を見ると

タイム型指数で3位、対戦型指数で4位なので完全に信用できるか?

というと少し疑問が残ります。

となれば他の馬で良さそうな馬は?と複勝オッズをチェックすると

なんとなくアヤシイ馬が並んでいるのがわかりますか。

  • 8番:インテンスフレイム 複勝オッズ 2.1倍
  • 7番:スペシャルサンデー 複勝オッズ 2.1倍

朝イチ上位人気の複勝オッズの同一並びは馬券に絡みやすい法則

から8番と7番が狙えそうです。

しかも単勝オッズ断層を見ると

7番と12番の間には2.2倍の大きな断層が入っていました!

断層が大きいので断層の上、つまり上位人気で決着の可能性が高いです。

という事で馬券は絞って

複勝同一オッズ&オッズ断層の

8・7番から1番人気の4番流しの2点買いで勝負です。

で念のためワイドも抑えておきましょう。

結果は

  • 1着:8番インテンスフレイム(4番人気)
  • 2着:4番ヨロシオスナ(1番人気)
  • 3着:11番ショウナンアーチー(3番人気)

結局人気サイドの決着でしたが複勝同一オッズの8番が1着となり少点数でも的中です。

馬連4-8 700円は大した配当ではありませんが

2点買いなのでお小遣いは十分稼げたことになります。

ちなみにワイド

4-8 290円は保険の配当としてはまずまずでした。

でちなみに優勝した8番の最終オッズなんですが

4.6倍までオッズが下がっています。

朝イチオッズが10.6倍だったので約半分程度下がっていますよね。

一方もう1頭の狙い目だった7番の単勝オッズは

13.1倍から14.7倍と逆に上がっています。

このように馬券に絡む馬というのは

朝イチから人気になっていく馬の方がかなり信頼度は高くなります。

なのでもし勝負するなら

人気の上昇した8番から4番の1点買いも可能でしたし

購入金額に差をつけるのも回収率を上げる一つの手です。

という感じでオッズからも上位人気決着が見えるレースは

お小遣い稼ぎ&安定的に的中させる点では使える手法となります。

穴馬券を狙うのもいいですが堅い馬券がお好きな方は是非参考にしてください。

まとめ

今回は競馬の配当が安くても堅いレースは少点数で仕留める!!馬連3点買いでお小遣い稼ぎ

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。