複勝同一オッズ流し馬券から混戦レースを攻略!!波乱レースもオッズで高額馬券を狙う

私のオッズ理論の超重要な柱である

複勝オッズを使った必勝法

複勝同一オッズから馬券を流して高額馬券を狙う方法

を今回はご紹介します。

でちょいちょい出てくる複勝同一オッズですが

ハマれば馬券も簡単に獲れたりするんですよ。

いつも言っている再現性のあるパターンで

しかも朝イチオッズを使った馬券予想なので

絶対にその他大勢の馬券予想と被らないところがミソなんです。

という事で早速複勝同一オッズを使った馬券術をご紹介します。

朝イチ複勝同一オッズは馬券に絡みやすい!

今まで口を酸っぱくお伝えしている

複勝同一オッズは馬券に絡みやすい法則ですが

改めておさらいをしておきます。

朝イチのある時間帯のオッズにおいて

単勝人気順に並び替えたときに

複勝下限オッズが同一だった場合

そのどちらかの馬は馬券に絡みやすい!

という法則です。

でもっと細かな法則はあるにはあるのですがこれだけ抑えておいても十分かと思います。

という事で早速レースのご紹介をしますね。

上の表は2021年6月27日(日)東京競馬場第11レース、パラダイスステークスの朝イチオッズ表です。

で実はこのレースなんですが

単勝オッズ断層が一つもない珍しいレースなんです。

なのでどの馬が来てもおかしくない、いわゆる波乱含みのレースといえるでしょう。

しかも単勝1番人気16番は単勝オッズが4.9倍、複勝オッズも2.1倍でかなり厳しそう。

データマイニング指数もタイム型が5位という事で危険な1番人気といえます。

ではどの馬を狙うか?ですが

もうわかりますよね。

  • 9番:リアンティサージュ 複勝オッズ 2.5倍
  • 3番:アクアミラビリス 複勝オッズ 2.5倍

実はこの複勝オッズ同一並びは非常に強力で

軸はこの2頭からでいけそうです。

※本当は他にも理由があるのですが企業秘密です・・・

一応この2頭は複勝同一オッズ並びのほかに

データマイニング指数も安定しているので狙いやすい上位人気でした。

あと複勝オッズで下位の方に4.7倍の同一オッズもいますが

複勝同一オッズで来るパターンは

1.5倍~2倍台の馬が一番狙いやすいです。

あまり複勝オッズが高い場合は信頼度は落ちてきます。

という事で

軸としては複勝同一オッズの

9番3番から朝イチ上位人気に流します。

馬連

9・3→16・9・3・5・6・11

の11点で行きましょう。

で本当はもっと手広くいくのであれば

7番や10番を抑えたいのですが点数が多くなるのでこれくらいでいいでしょう。

結果は

  • 1着:11番キルロード(10番人気)
  • 2着:3番アクアミラビリス(2番人気)
  • 3着:10番ホープフルサイン(7番人気)

朝イチ同一オッズだった3番が連対して2着に食い込みました!

そして勝った11番は人気を落としましたが見事1着。

朝イチオッズじゃない拾えない馬でしたね。

馬連 3-11 8,630円は大きな配当でしょう!

でもし3連複なら

3-10-11 48,340円の万馬券でした。

ちなみに3着に来た10番は複勝オッズ異常馬2番4番の下に配置されていることも

念のため見ておいてくださいね。

もし10番軸にしていたら3連複は獲れていたでしょう。

という事でまとめると

複勝同一オッズの馬には気を付ける!

と覚えておいてください。

まとめ

今回は複勝同一オッズ流し馬券から混戦レースを攻略!!波乱レースもオッズで高額馬券を狙う

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。