競馬枠連的中でも人気薄の方が来ちゃう!!馬連なら怪しいときは買っておく!!

競馬をやっている方なら絶対にあるあるだと思うのですが

枠の人気薄の方が来ちゃった!!

という事があったりしますよね。

で枠連を買っておいてよかった~という事もあれば

枠連で買えば的中だったのに・・・

とトホホなこともあります。

で結論から言うと

超人気薄ならまだしも

買える要素があったら人気がなくても抑えておいたほうがいい!

です。

まぁ自分へのメモでもあるんですけどねww

あっちなみに今回紹介するレースは結果的に人気になっちゃったんですが

人気枠に同居する人気薄は本当に要注意です。

朝イチオッズで怪しいオッズであれば買い目に入れる

とはいえ

競馬予想自体はオッズ理論の基本がしっかりしておけば

人気薄であろうと関係なく買い目として浮上しますから大丈夫です。

上の表は2021年6月26日(土)札幌競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

でオッズの構成からいくと

1番人気の10番、2番人気の11番どちらかが馬券に絡んでくるんじゃない?

と予想します。

理由は2番人気と3番人気の間に1.9倍のオッズ断層が入っていることから

少なくとも1頭は絡んできそうです。

もし2頭決着となったら諦めがつくとして

今回は10番11番から穴馬という馬券の組み立てで行きます。

では肝心の相手は?

なんですが単勝複勝オッズからはちょっと難しい・・・

一応アヤシイ馬がいるっちゃいますけど。

なので念のため枠連人気もチェックしてみましょうか。

朝イチの枠連人気を見ると

6-8

7-8

5-8

1-8

という人気順になっていますよね。

このオッズの並びを順番に変換すると

8枠→6枠→7枠→5枠→1枠の順番となります。

人気の8枠はいいとして問題は1番人気に出現した

6枠です!

6枠2頭は単勝人気で4番人気と8番人気となっています。

なのに7枠以上に6-8が1番人気という事は・・・

と考えられたらほぼ正解みたいなものです。

このレースでは6枠の激走が読み取れればあとは人気枠に流すだけ。

・・・ですが

さらに読み取っていくと6枠8番の複勝オッズに注目です。

8番は単勝オッズ15.3倍、複勝オッズは2.4倍となっていました。

単勝人気は8位なのに複勝人気は4位で朝の時点でいうと

同枠の7番より人気があったんです!

つまり枠の人気薄の8番は抑えておく必要がありました!

という事で長くなりましたが

馬連は人気の10・11から6枠2頭流しでいけそうです。、

10・11→8・7

の4点で勝負です。

結果は

  • 1着:11番オレンジペコ(1番人気)
  • 2着:8番グレースルビー(6番人気)
  • 1番:1番クレデンザ(4番人気)

結果的に6枠の人気薄の方、8番がしっかり2着確保で無事的中です。

馬連 8-11 

1,550円

は配当が安いですが4点がであれば大満足です。

ちなみに枠連で買っていたら

枠連 6-8

620円

でしたので馬連の方がすこーし回収率がいいですね!

でも枠連も買っておいた方がいいかもしれません。

そこは資金と相談となりますが。

今回は人気薄といってもまぁまぁ人気があったのですが

人気馬同枠の人気薄はよく激走しますので人気馬狙いの時は念のため気を付けてくださいね。

まとめ

今回は競馬枠連的中でも人気薄の方が来ちゃう!!馬連なら怪しいときは買っておく!!

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。