競馬の馬券の買い方はシンプルかつ慎重に!!基本は軸を決めて流す作戦で

競馬って本当に奥が深くてまぁやっている人はわかると思いますが

大抵は思惑を外してくるんですよね。

思惑を外してくるといえば馬券の買い方なんかも当てはまります。

馬券の買い方ひとつをとっても流しやボックス、フォーメーション等ありますが

効率のいい買い方としては

軸を決めてあとは相手に流す作戦です。

オッズ理論でも強い軸がいれば半分当たったのも同然(笑)

あとは相手だけなんですが

本日はレース紹介を兼ねて軸から流す馬券の買い方をお伝えしたいと思います。

馬券の軸流しは視野を広くもって相手を選ぶ

回収率を考えれば馬券の買い目は少ないに越したことないのですが

そううまくいかないのが競馬です。

であればある程度視野を広げる、つまり手広く馬券を抑えた方がいい場合もありますね。

という事でいいサンプルレースがあったので早速ご紹介しましょう。

上の表は2022年1月22日(土)中山競馬場第11レースにて行われた初富士ステークスの朝イチオッズ表です。

でこのレースですが

オッズから見ても1番人気の1番パラダイスリーフで良さそう。

理由は複勝の入りが少し甘いものの、

2番人気とは2.1倍の大きなオッズ断層点。

さらにデータマイニング指数もタイム型で1位、対戦型でも2位なので

連軸としては大丈夫そうです。

さらに枠連人気でも1番絡みで人気となっていた点から

人気を信頼して1番を軸に馬券を組み立てます。

さぁここからがオッズ理論の真骨頂なんですが・・・

普通に人気順に流せば馬券は獲れそうですが問題は相手をどこまでにするか?

の根拠が欲しい所。

という事で複勝オッズをチェックするとある事に気づきます。

  • 5番:マイネルミュトス 複勝オッズ 1.9倍
  • 2番:ミスミルドレッド 複勝オッズ 1.9倍
  • 11番:レッドライデン 複勝オッズ 2.9倍
  • 6番:タイセイモンストル 複勝オッズ 2.9倍
  • 3番:ロードトゥフェイム 複勝オッズ 2.4倍

5番と2番は複勝オッズ1.9倍の同一オッズ

11番と6番は複勝オッズ2.9倍の同一オッズ

さらに3番は複勝2.4倍で複勝が売れている!

という事で相手としては

点数が多くなりますが上位人気から3番まで、

つまり買い目としては

1番→9・5・2・11・6・3

の6点買いという事になります。

さて結果の方はというと・・・

初富士ステークス結果
  • 1着:11番レッドライデン(6番人気)
  • 2着:1番パラダイスリーフ(1番人気)
  • 3着:3番ロードトゥフェイム(5番人気)

軸に指定した1番人気1番は順当に連対を確保してくれました。

そして1着11番は複勝同一オッズ、さらに3着は複勝オッズで狙えた3番が入って無事的中です。

馬連1-11 1,740円は1番人気絡みとしてはまずまず。

3連複も買えていたら

1-3-11 5,130円の好配当でした。

という事でまとめると

馬券の買い方としては流し馬券であれば

来そうな馬を見極めて手広く抑える!

さらに勝負馬券としていくなら馬券内で金額の大小をつけるのもありかもですね。

もちろん自信があれば少点数に絞った方が当たれば大きいですが

無理をせずトリガミにならないように気を付ければいいでしょう。

あとは迷ったら勝負を避ける事も大事ですよ!

まとめ

今回は競馬の馬券の買い方はシンプルかつ慎重に!!基本は軸を決めて流す作戦で

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。