競馬の1番人気が高確率で馬券に絡む単勝オッズの売れ方

競馬で勝つために

1番人気の馬が馬券に絡むかどうか?

を読み取るのが大事なことの一つです。

つまり

1番人気が来る来ないかがわかるだけでも競馬収支はかなり違ってきます。

という事で今回は

競馬の1番人気が高確率で馬券に絡むオッズの売れ方についてご紹介したいと思います。

とはいえ

この手法は私の過去記事においても何度かご紹介した方法なので

目新しくありません。

が非常にわかりやすく

かつ

優秀な戦法なので覚えてもらえれば幸いです。

朝イチオッズから直前オッズの売れ行きで信頼度を判断!

上の表は2022年1月30日(日)小倉競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

では信頼できるかどうか、早速1番人気のオッズを見てきましょう!

朝イチ時点の1番人気は

5番ダノンターキッシュで

単勝オッズ 4.4倍 複勝オッズ 1.8倍となっていました。

このオッズですが私の判断基準である

朝イチオッズにおいて

単勝オッズ3.0倍以上 複勝オッズ1.5倍以上の馬は信頼度が落ちる

に該当しちゃいます。

まぁオッズだけみると危険な1番人気なんですよね。

・・・・

ですが

もう一つの判断基準である

データマイニング指数は

タイム型で2位、対戦型で1位なので全くダメという感じではないのがわかります。

では1番人気の5番は相手どまりなのか?

と判断してもいいのですが

今回は1番人気を軸として信頼できるか?

の最終判断としては

朝イチオッズから直前オッズにかけての単勝オッズの移り変わりを見る!

もう少し具体的に言うと

朝イチオッズから直前オッズにかけて

  • オッズが上昇、つまり人気が落ちる→危険な1番人気
  • オッズが下降(できれば1ポイント程度)、つまり人気が上昇→軸となりえる1番人気

となります。

ではこの判断基準で

今回のレースの1番人気5番のオッズの朝イチオッズから直前オッズにかけての

単勝オッズの推移を見てみましょう。

朝イチの単勝オッズは4.4倍でした。

そして

直前の単勝オッズは2.6倍でしたので今回の場合は

4.4倍→2.6倍、つまりオッズが下降、そして人気も上昇したという事になります。

であれば

5番は朝イチオッズが悪かったものの、

信頼していい1番人気となるんですよね。

なので馬券の組み立てとしては

1番人気の馬を軸に馬券を買えれば正解にたどり着ける!レースでした。

結果は

小倉代12レース結果
  • 1着:5番ダノンターキッシュ(1番人気)
  • 2着:9番エレフセレア(8番人気)
  • 3着:12番ニホンピロマリブ(10番人気)

最終的にも1番人気だった5番は人気通り1着となりました!

そして2着に入った9番ですが

直前オッズでは8番人気だったので相手として手が回るかどうか微妙でしたが

朝イチオッズでは4番人気でしたから

割と狙えた馬ではないでしょうか。

あと、さすがに3着の12番な狙えないですね(笑)

馬連 8-9 1,940円

はまずまずの配当でしょう。

という事で

1番人気さえ読めれば馬券も獲りやすいレースだったのではないでしょうか。

さらに

このような1番人気のオッズの推移はよく見受けられますので是非

このパターンを覚えておいてください!

まとめ

今回は競馬の1番人気が高確率で馬券に絡む単勝オッズの売れ方

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。