競馬オッズの歪みから激走馬を見つける!!ヒントは単勝と複勝オッズそして枠連人気にある?

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さてタイトルにある競馬オッズの歪みってちょっと難しく聞こえるかもしれませんが

オッズの歪みとはもう少しわかりやすく言うと

オッズに違和感があると言っていいでしょう。

ではオッズの歪みはどこで見分けてどのように使うのか、

実際のレースを踏まえてご紹介します。

オッズの歪みを単勝と複勝オッズで見分ける

私の場合、オッズの歪みは

  • 1頭の人気における単勝オッズと複勝オッズの違和感
  • 単勝人気順と複勝人気順の不整合

で見ています。

1頭の人気における単勝オッズと複勝オッズの違和感というのは

例えば

単勝オッズ 5.0倍 複勝オッズ3.0倍

だったら単勝が良く売れていて、複勝が売れていない

いわゆるこの馬自身にオッズの歪みが発生していると言えます。

そして

単勝人気順と複勝人気順の不整合

については

いつも言っている

単勝人気順と複勝人気順が一致しない場合ですね。

このオッズの歪みもオッズ理論については非常に重要なパターンですので

まずは

朝イチオッズでオッズの歪みがあるのか、ないのかチェックしてください。

とオッズの歪みについてのご説明はこれくらいにして

レースのご紹介をします。

2021年3月14日(日)中山競馬場第8レース

上の表は2021年3月14日(日)中山競馬場第8レースの朝イチオッズ表です。

さてこのレースもオッズを見る限り混戦レースなのですが

いつもどおり1番人気のチェックからしてみます。

1番人気は8番で単勝オッズは3.7倍、複勝オッズは1.7倍で信頼度は少し厳しそうですね。

さらにデータマイニング指数もタイム型及び対戦型どちらも1位ではなく相手までという感じです。

なのでこのレースは穴馬の台頭もあるかも?

という事でオッズの歪みがあるのか見ていきましょう。

まずは複勝オッズが良く売れている馬がいるのがわかりますか?

6番人気の10番ワンダーラジャですが

単勝オッズは13.3倍なのに複勝オッズは2番人気の1.8倍です。

朝イチで複勝がやけに売れているという事は

激走の可能性が十分ありそうですね。

さらに複勝オッズを見ると

馬番馬名複勝オッズ値
8フラッシングジェム3.3
10レッドゼノン4.3複勝異常
9ユメノサキ2.6
5グロンフォール4.0複勝異常
13ヒッチコック2.6

10番の下の7番の複勝オッズが上下の馬に比べて高いですよね!

という事は7番が複勝オッズ異常馬なので

複勝オッズ異常馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

からも10番を軸に据えて良さそうです。

オッズの歪み及び複勝オッズ異常馬のサインから

10番は狙えますが

さらに枠連人気の法則を見てみましょうか。

朝イチの枠連人気順を見てみると

1番人気が7-8で

2番人気が6-7

ですよね。

つまり枠人気では7枠がなぜか1番人気なんです。

という事は素直に7枠の10番が軸でいいんじゃない?

となりませんか。

ではこのレースをまとめると

  • 1番人気8番はオッズ及びデータマイニング指数から抑えまで。
  • オッズの歪み及び複勝オッズ異常、さらに枠連人気から軸は10番

軸は10番で相手は素直に人気上位5頭までで行きましょう。

馬連10番→8・12・11・2・9

の5点で勝負です。

結果は

  • 1着:10番(4番人気)
  • 2着:8番(2番人気)
  • 3着:11番(8番人気)

朝イチ6番人気だった10番は4番人気まで上昇して1着!

そして朝イチ1番人気だった8番は2番人気に落ちましたが2着を確保しました。

また面白いのが3着に入った11番で

朝イチ3番人気だったのに最終8番人気まで人気を落としましたが

見事3着となっています。

馬連は

8-10 1,940円

もし3連複も買えていたら

8-10-11 7,170円

の高配当でした!

まぁオッズの歪みがあるレースは波乱は起きやすい!

と覚えておいていいでしょう。

逆にオッズの歪みのないレースは本命党の出番ですよ!

是非このパターンを覚えておいてください。

まとめ

今回は競馬オッズの歪みから激走馬を見つける!!ヒントは単勝と複勝オッズそして枠連人気にある?

をお伝えしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。