競馬オッズを使ったオカルト馬券術!!人気馬同居枠の人気薄を狙え

まず記事の前にお伝えしておきますが今回紹介する方法は

万人受けしません(笑)

さらに言うとオッズ理論を使った方法ではありますが

マニアックな方法&若干お遊び要素があるので

競馬で儲けようと考えている方にはオススメできませんので記事を読まない方がいいです。

ですが

競馬=エンターテインメントと考えるなら

こういった法則で楽しむのもありかな?

という事で今回は

人気馬同居枠の人気薄の馬を狙う馬券術をお伝えします。

なぜか激走する人気馬の隣の同居人気薄馬

以前にも記事にしたことがあると思いますが

人気馬の隣の同居人気薄馬は激走する!

ことがよくあります。

本当に不思議なんですけど

競馬においてはよく出現します。

上の表は2021年12月26日(日)中山競馬場第7レースの朝イチオッズ表です。

でこのレースですがオッズを見ると

14番と16番が頭一つ抜けた人気となっていますよね?

普通に考えたらこの2頭から勝負しようか?とも考えますが

ココからは少し頭を使っていきます。

まず1番人気の14番ですが人気の割には

複勝オッズ1.6倍というのが気になります。

単勝オッズ2.4倍、しかも鞍上がルメールだったら複勝はもっと売れていいハズ?

なのに1.6倍のオッズはかなり危険なニオイがします。

しかもデータマイニング指数でも

タイム型が4位&対戦型も2位なのでイマイチという感じです。

次に2番人気の16番もこれまた複勝オッズ3.5倍なのでちょっと狙えないかな・・・

そしてここからが大事なんですが(笑)

朝イチの枠連人気を見る事にします。

上から順に

4-7

2-7

7-8

の順番となっていますよね?

でここで考えてほしいのですが

なぜか4枠が1番人気となっているのがわかりますか?

これは私のオッズ理論の奥義

枠連人気>単勝人気の場合の枠は激走する

法則なんです!

という事は4枠が狙えますよね?

であれば馬券としては4枠2頭流しから馬券は獲れるかも・・・

ただし今回はかなり馬券をひねらないと獲れない馬券でした。

先に結果をいいますと

中山第7レース結果
  • 1着:15番ホウオウルバン(11番人気)
  • 2着:7番ハイエストエンド(13番人気)
  • 3着:1番トミケンベレムド(15案人気)

なんと11番人気-13番人気-15番人気の組み合わせで

4枠から流していても馬券を獲るのが難しかったんです。

・・・ですが考えを変えると下記の通りになりませんか?

  • 15番→人気馬16番の同居枠の人気薄
  • 7番→人気馬8番の同居枠の人気薄

つまり人気枠の同居の人気薄の馬同士で決まったレースなんです。

こんなレースはなかなかとれませんが(笑)

ちなみに本文では7枠推奨としていましたが

8枠15番を狙っていました(※なぜ狙えたかは企業秘密です。もちろんオッズからですが)

さすがに馬連を買う勇気はなかったのですが(笑)

もし買っていたら

馬連7-15 66,590円の特大万馬券でした。

ただしワイド万馬券だったので良しとしましょう(笑)

という事で

8枠はともかく4枠7番は狙えたと思いますよ。

7番の複勝は上下の馬と比較しても売れていましたからね。

ただお伝えした通り万人受けする法則ではないので

あくまでもお遊び馬券の一つと考えてもらえれば幸いです。

まとめ

今回は競馬オッズを使ったオカルト馬券術!!人気馬同居枠の人気薄を狙え

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。