競馬多頭数フルゲートでもオッズを見れば攻略できる!!見るべきポイントは複勝オッズ

一般的には競馬の多頭数フルゲートの方が

荒れやすく、波乱が起きやすい!つまり予想しづらいと言われています。

ですがオッズ理論的にいうと

多頭数であろうが少頭数であろうが関係ありません。

むしろ競馬の多頭数レースの方がオッズが読みやすい場合もあるんですよ。

という事で今回は

多頭数レースでもオッズを見れば攻略できますよ!

を証明したいと思います。でもちろん使用するのは

オッズ理論の伝家の宝刀、複勝オッズに注目してみてください。

多頭数フルゲートでも出現する複勝オッズ異常馬&同一オッズ

上の表は2022年2月13日(日)小倉競馬場第2レースの朝イチオッズ表です。

でこのレースですが御覧の通り18頭フルゲートで

予想するには少し難しそう・・・に見えますよね。

ですがオッズ理論で行くと軸はそこまで難しくはありません(笑)

まずはじめに

荒れるか荒れないか?を考えてみましょう。

朝イチの1番人気は11番ゲンパチレオニダスで

単勝オッズ4.0倍、複勝オッズは1.6倍でした。

このオッズは私がいつも言っている1番人気の信頼度基準

単勝オッズ3.0倍以上、複勝オッズ1.5倍以上の1番人気は信頼度が落ちる!

事から波乱含みのレースと言えます。

では穴っぽい馬を複勝オッズで探していくと・・・・

ちょっと気になる馬がいるのに気づきますよね。

  • 15番:ダグザ 単勝オッズ 8.9倍 複勝オッズ 2.4倍→複勝同一オッズ
  • 16番:ヤマニンサルバム 単勝オッズ 9.7倍 複勝オッズ 2.4倍→複勝同一オッズ
  • 2番:ヴァンクールシチー 単勝オッズ 12.0倍 複勝オッズ 3.3倍→複勝異常オッズ
  • 18番:グンター 単勝オッズ 13.0倍 複勝オッズ 2.8倍

まず15番と16番は複勝オッズが2.4倍の同一オッズとなっていますよね。

朝イチでの複勝同一オッズ並びはどちらかの馬が激走しやすい法則

から15番及び16番が穴候補。

さらに

2番の複勝オッズ3.3倍は上下の馬に比べて明らかにオッズが高い、いわゆる複勝オッズ異常となっています。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

からは16番そして18番が穴候補となります。

つまり複勝同一オッズ及び複勝異常オッズの上下から

穴候補は15番16番18番の3頭ですね!

では馬券としてはこの3頭から流せばいいかも・・・

ですが少し点数が多くなるのでなんとか2頭に絞りたい!

なので次のオッズ理論の奥義、オッズ断層を見ると

オッズ断層前後に配置されている馬がいるのがわかります。

  • 18番:グンター 単勝オッズ 13.0倍
  • 8番:オーケークイーン 単勝オッズ 25.9倍

18番と8番との間には2.0倍という大きな単勝オッズ断層が入っていました!

オッズ断層前後に配置された馬が激走しやすい法則

からも18番が穴候補ですね!

したがってこのレースでは

複勝オッズ同一&複勝異常オッズ上下にいる16番

及び

複勝異常オッズ上下にいる&オッズ断層前後に配置されている18番

この2頭がどうやら馬券に絡む可能性は高い!と見て

馬券は馬連フォーメーション、相手は人気上位馬に絞って

16・18→11・17・5・12・15・16・18

の11点買いで勝負です!

さて結果の方は・・・・

小倉第2レース結果
  • 1着:5番エスオーライアン(2番人気)
  • 2着:16番ヤマニンサルバム(4番人気)
  • 3着:17番キースキーパー(3番人気)

結果的に2番人気-4番人気-3番人気の上位人気で決まっちゃいましたが

16番は軸馬指定していたので無事的中です!

ちなみに朝イチ1番人気だった11番は4着と惜敗でやはり

朝イチオッズがイマイチだった事もあって人気を裏切っています。

馬連 5-16 2,570円は少し物足りませんが

的中は的中なので良しとしましょう!

ちなみに3連複も買えていたら的中で

3連複 5-16-17 4,460円という配当でした。

という事で最後にまとめると

多頭数数フルゲートでもオッズ理論が通用するレースも数多くあります!

このレースのように

複勝オッズやオッズ断層、さらにアヤシイ1番人気を見抜ければ

うまい具合に的中できるレースもありますので

多頭数はちょっと・・・

と思わずに一度オッズを確認して勝負するかしないか、見極めて見てくださいね!

まとめ

今回は競馬多頭数フルゲートでもオッズを見れば攻略できる!!見るべきポイントは複勝オッズ

最後までお読みいただきありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。