競馬で儲けるにはレース選択が大事!!オッズ断層で馬券になりそうな馬を絞る

私は日夜オッズを見ながら日々研究をしておりますが

本当に飽きません(笑)

他の人から見たら面白くもなんともないと思うのですが

このパターンは前あったな・・・

とか

やっぱりこの法則で来たか!

という発見があるのです(笑)

と前置きはこれくらいにして今回のテーマは

オッズ断層で馬券になりそうな馬を絞る方法

についてです。

競馬で儲けようと思ったらやはりレース選択が大事なんですよ。

そのレース選択が難しい!という声もあると思いますが

オッズ断層はメチャクチャわかりやすいので

一つの必勝法として使ってもらえると嬉しいです。

オッズ断層で馬券になりそうな馬を上位人気に絞る

上の表は2022年2月13日(土)阪神競馬場第2レースの朝イチオッズ表です。

でこのオッズパターンですが非常に多いんですよ。

というのも

上位人気に大きなオッズ断層が入っていますよね!

  • 6番:ブリヨンカズマ 単勝オッズ 6.6倍
  • 5番:ホシハタノキセキ 単勝オッズ 18.4倍

6番と5番との間には2.8倍という大きな単勝オッズ断層が入っていました!

このレースのように2倍程度の大きなオッズ断層が

4番人気から6番人気くらいの間に入ってくると

断層の手前同士で馬券が決着する可能性が非常に高いです。

となると馬券になりそうな馬が速攻で絞れますよね。

つまり上位人気である

9・7・10・6の争いになりそうかな?と考えてみます。

ならば

複勝オッズ1.1倍の9・7から流せば当たるんじゃない?

と思いそうですが

買い方としてはベターではありません(笑)

まぁ悪くはないのですがここでは少しアレンジして馬券を組み立ててみます。

つまり枠に注目すると

上位4頭を枠でとらえてみると

7枠が2頭いますよね?

4頭の内7枠が2頭、つまり50%の確率で7枠のどちらかが馬券になる!

と考えたら

軸に最適なのは9番及び10番。

という事で馬券はフォーメーションで

9・10→9・10・7・6

の5点買いで勝負です。

ただし1番人気・2番人気の決着ならトリガミとなりますが結果は・・・

阪神第2レース結果
  • 1着:6番ブリヨンカズマ(4番人気)
  • 2着:10番キングクー(3番人気)
  • 3着:9番アトランティス(1番人気)

やはりオッズ断層の壁は高く

1着から3着まで全て上位人気の決着となりました。

しかも4番人気-3番人気のオッズ的には美味しい馬券となりましたね!

馬連6-10 2,340円

はかなりオイシイ馬券だったのではないでしょうか。

でもし3連複や3連単も買えていたら当然的中で

3連複 6-9-10 1,510円

3連単 6-10-9 15,040円

も少点数で仕留める事ができる馬券でした!

最後にちょっと違うお話をすると

競馬で負けるパターンっていうのは

難解なレースに手を出して負ける!というのがあると思います。

なのでオッズ理論的にもこのレースはわかりやすい!

というレースに絞って勝負すると間違いなく勝率はアップするはずです。

今回紹介したレースは非常にわかりやすいと思うので

もし朝イチオッズで発見できたら是非勝負レースとして検討してみてくださいね。

まとめ

今回は競馬で儲けるにはレース選択が大事!!オッズ断層で馬券になりそうな馬を絞る

最後までお読みいただきありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。