競馬の最終レースは荒れやすい!!それでもオッズを見て勝ち馬を見つける!!

JRAのレースは12レース用意されていますが

私の経験上、なぜか最終12レースは荒れやすい傾向にあると思います。

もちろん本命レースで終わる事もありますが

最終レースにおいては

  • メインレースまで負けつづけた人が最後に逆転勝ちを狙いにいく
  • 勝った人がもうひと儲けを狙う

といった思いがある為、荒れやすいのでないでしょうか。

正直難解なレースが多い印象の最終レースですが

オッズのパターンがわかれば割と簡単に当てられるレースも存在します。

という事で本日も今までお伝えしていた

オッズパターン、つまり再現性のあるオッズがありましたのでご紹介していきます。

最終レースの荒れるオッズパターンとは

上の表は2021年4月24日(土)新潟競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

そしてこのオッズ表を見てピン!と来た方はスゴイです。

実はこのオッズパターンはつい先日の記事のオッズによく似ているんですよね。

つまり朝イチオッズにおいて

1番人気のオッズとデータマイニング指数を見てください。

1番人気は1番ホウオウヒミコですよね。

1番の単勝は5.6倍。そして複勝オッズは2.0倍でこの段階だけでかなり危険なニオイがします。

さらにダメ押しなのがデータマイニング指数で

1番の指数はタイム型が5位、そして対戦型でも7位となっていて

ココは完全に1番を消せる形になります。

という事は前回の記事でもお伝えした

1番人気外し馬単ボックス馬券

を使えるのではないか?

と考えましょう。

1番人気外し馬単ボックス馬券というのは

その名の通り

1番人気を外して2番人気から6番人気までの

5頭を馬単ボックスで買う!という至ってシンプルな馬券術です。

なのでこの最終12レースにおいての買い目は

朝イチオッズから

11・12・15・13・2

の5頭馬単ボックス合計20点で勝負です。

非常にシンプルな買い方ながら一撃必殺な馬券術なんですよね。

結果は

  • 1着:2番ワンダーマンボ(6番人気)
  • 2着:13番アドマイヤビーナス(7番人気)
  • 3着:11番ペイシャノリッジ(2番人気)

ちなみに朝イチ1番人気だった1番ホウオウヒミコは3番人気まで

下がってしまいましたが結果11着でした。

やはり朝イチのオッズとデータマイニング指数のチェックは絶対ですね!

馬単で買っていたので配当は

2-13 8,960円は十分の配当でしょう。

そして購入はしていないものの

3連複

2-11-13 13,260円

3連単

2-13-11 81,390円

も5頭ボックスなら獲れていましたね!

ですが欲張りは禁物。勝ってカブトの緒を締めましょう(笑)

ちなみに2着に来た7枠13番は

複勝オッズでも狙えましたし

枠連人気でも7枠が人気となっていました。

見事に7枠から売れています(笑)

このような枠連人気を見てアヤシイ馬を探すと

高配当にもありつけますよ!

ただ今回は

朝イチのオッズ&データマイニング指数だけで

獲れる馬券術という事でお伝えしました。

この馬券術は買い目が簡単なのに

上手くいけば万馬券も狙えるので

考えても分からない場合は是非使ってみてくださいね。

まとめ

今回は競馬の最終レースは荒れやすい!!それでもオッズを見て勝ち馬を見つける!!

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。