競馬3連単を少点数で当てられるか検証!!朝イチオッズの人気順決着

競馬って人気通り決まるときもありますが

結果を見るとそのほとんどが穴馬が絡んだりしてきますよね。

なので競馬って面白いのですが今回は

3連単を3点、つまり少ない点数で当てられるのか検証したいと思います。

で私は3連単に関してはほぼ購入しません。

というのも当てるには点数が多くなりますし

的中するのには相当資金と研究が必要だからです。

ですが少点数で3連単が当てられたら

リターンは大きくなるのでうまくいけば必勝法になりえるかもしれません。

という事で早速レースを紹介しつつ確認してみましょう。

朝イチオッズの人気で3連単を当てに行く!

上の表は2021年1月9日(土)中京競馬場第9レース、鳥羽特別の朝イチオッズ表です。

でこのレースですが

1番人気の5番及び2番人気の12番が突出した人気となっていますね!

このように2強といわれるレースは

私の経験則から

2頭で決まる確率は5割以上、

1頭だけ絡むのは3割程度という感じです。

なので2頭軸で勝負するのは本来であればリスクもあるのですが

今回は検証なので(笑)

人気を信じて2頭軸でいきます。

そして3連単なので残りの1頭を・・・なんですが

ココも素直に

3番人気の3番に絞って勝負します。

本当は4番人気の10番も気になりますし実際に購入するとなると

軸2頭→相手2頭でもいいのですが

3連単であればなるべく絞った方がいい!

という事で人気通りの3番を相手とします。

朝イチの枠連人気を見ても

3-7

2-3

と2枠3番が2番手に付けている事から3連単2頭軸の相手にしてみます。

という事で買い目は3連単

5・12→5・12→3

5・12→3→5・12

の合計4点ですね。

まぁたった4点ですので外れてもかすり傷程度です(笑)

さて結果ですが・・・

鳥羽特別結果
  • 1着:12番スラーヴシャルル(2番人気)
  • 2着:5番ピップウインク(1番人気)
  • 3着:3番ライバーバード(6番人気)

1着2着は順当に人気通りの決着となりましたが

3着の3番は朝イチ3番人気だったのに6番人気まで人気を落としておりました!

ですが3着に入って3連単も無事的中です。

もし直前オッズで買っていたら同じ人気通り買っていても外れていたので

やはり朝イチオッズには宝の山が眠っています。

3連単の配当は

12-5-3 8,370円

4点で8千円台の配当が獲れるのが3連単の威力ですね!

このように

人気通り購入しても普通に3連単で的中できるレースもあるのですが

問題はいつ狙えるか?ですね!

もし見つけたらお遊び程度で3連単購入してもいいかもしれません。

ただしその時は本当に少額で(笑)

勝負レースは他にもありますのでたまにはこういった手法もありますよ!

という事でお伝えしました。

まとめ

今回は競馬3連単を少点数で当てられるか検証!!朝イチオッズの人気順決着

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

2 件のコメント

  • 4点で仕留めるのはすごいですね!さすが師匠!!
    わたしもこのレース、3連単で勝負して的中したんですが4番人気も入れて12点買いになりました笑

    • ゆうこりん様
      コメントありがとうございます!
      現在過去1年を振り返って再度研究中です!

      3連単は難しいですがオッズ理論でも攻略したいと思っております。

      今後も情報提供させていただきますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。