競馬には絶対は無い!!超絶人気の馬がいるレースは見した方がいい

私の記事では再三お伝えしていますが

競馬で勝つためには

  • 1番人気の馬が馬券に絡むかどうか
  • レース選択

が大事です。

そして1番人気の馬が馬券に絡むかどうか?

なんですが

スゴイ人気のある馬が出現した場合は見、つまり見送った方がいいです。

よくよく考えたらわかるのですが

私を含めてオッズ理論を駆使すれば他に儲かるレースはいくらでもあります(笑)

という事で今回は

超絶人気になった馬が出現したレースは見すべき!

についてお伝えしたいと思います。

朝イチオッズで単勝オッズ1.5倍を切る馬がいたら要注意

朝イチオッズで単勝のオッズが1.5倍を切る場合は

圧勝か惨敗かどちらかになる可能性が高いです。

つまり1番人気を軸としてもそんなに儲からないし負けた時のダメージは

かなりのものと思います。

いわゆるローリスクハイリターンでしかありません。

で今回も朝イチオッズにおいて圧倒的なオッズの馬が出現したのでご紹介しましょう。

上の表は2021年12月19日(日)阪神競馬場第3レースの朝イチオッズ表です。

でご覧の通り

1番人気の3番ダノンフューチャーのオッズに注目してみてください。

  • 3番:ダノンフューチャー 単勝オッズ1.1倍 複勝オッズ1.0倍

このオッズはさすがに怖すぎて買えません!!

考えたらわかると思いますが

単勝オッズ1.1倍という事は

仮に単勝を10万入れても儲けはたったの1万円です。

お金持ちの人ならいいかもしれませんが

10万円入れても戻ってくるのは11万円。

しかも1着にならないと馬券は紙切れになってしまいます。

競馬って不確かな事がつきものですよね。

出遅れは毎レースあり得ますし

落馬や見えない不利などもありますしね。

という事は単勝1.1倍の馬を買うというのは相当リスクが高いと言えるでしょう。

とはいえ他の馬を狙えるか?というと

意外とオッズ理論でも難しかったりします。

というのも

極端に1番人気の馬に投票が流れているので

通常のオッズ理論が使えない、つまりオッズの読み取りが難しかったりするんです。

なので

オッズ理論的には

このように1番人気のオッズが極端に売れている場合は基本的に見送った方がいいです。

ただ1番人気はさておき

このレースは荒れる基準は朝イチで判断できていました。

それはいつも言っている

単勝オッズと複勝オッズの整合性が取れていない点があったからです。

単勝オッズの順番は

3→1→10→13→4→7

ですよね?

ですが

複勝オッズの人気は

3番以降はバラバラ。つまり整合性が取れていませんでした。

このような場合は荒れる傾向が強いです。

そして結果ですが

阪神第3レース結果
  • 1着:7番ヒロノシュン(7番人気)
  • 2着:10番アトランティス(2番人気)
  • 3着:13番テーオークレール(3番人気)

圧倒的人気だった3番は最終的に1.5倍まで戻しましたが

プレッシャーなのか5着と撃沈してしまいました。

やはり朝イチ売れすぎの馬は狙うには危険すぎますね。

競馬では本当に1倍台の馬って圧勝か惨敗っていうのが多いんですよ。

もしお時間があったらオッズを確認してみるといいですよ。

ですが1番人気でも狙える1番人気というのがオッズで分かるレースもあります。

その辺りは他の記事でもお伝えしていますので

是非チェックしてみてください。

まとめ

今回は競馬には絶対は無い!!超絶人気の馬がいるレースは見した方がいい

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。