競馬の波乱を呼ぶのはオカルト馬券&複勝異常オッズ

この世の中には競馬で飯を食っている人が少なからずいると思います。

そういった方はある意味特殊能力とまではいいませんが

馬を見る目がある→千里眼?といいましょうか。

おそらく馬の調子や能力を瞬時に判断できる力があるのではないでしょうか。

・・・・

ですが残念ながら私にはこの能力は持ち合わせていません。

ではどのようにして、しかも競馬予想に頼らずに競馬で勝つようになれるか研究した結果たどり着いたのが

オッズ理論でした!

オッズ理論とは悪く言えば

他人のふんどしを借りて予想する仕組み

です。

ぶっちゃけ数字しかみないので面白みはありません(笑)

ですがいくら馬が好きでも負けたらお話になりませんよね。

・・・と前置きが長くなりましたが

今回も非常に再現性のあるパターンがありましたのでご紹介します。

つまり

オカルト馬券と複勝オッズ異常の融合ですね!

まぁオカルト馬券については邪道ではありますが本当に本当に(強調)良く出現します。

という事で覚えておいて損はないオッズとレースを早速見ていきましょう。

見てすぐわかる複勝異常と人気枠に注目

上の表は2022年1月16日(日)中山競馬場第10レース、ジャニュアリーステークスの朝イチオッズ表です。

で私がいつも言っている複勝オッズをみてもらうと何かに気づくと思うのですがおわかりでしょうか?

  • 3枠6番:シャイニーブランコ 単勝オッズ 27.2倍 複勝オッズ 3.9倍

6番は単勝人気11番人気ながら複勝オッズは7番人気となっていました!

いつも来るとは限りませんが朝イチオッズにおいて

複勝オッズ>単勝オッズの馬、つまり複勝が売れている馬が激走パターン

でもあります。

なのでこのレースはズバリ

なにも考えずに(笑)

6番を穴馬として狙えるかどうか?わかれば良かったんです。

ですが先ほども言った通り

ただ闇雲に複勝が売れている馬を狙ってもダメですよ。

できればもう少し強調材料があった方がいいんです。

という事で枠連人気をチェックしてみましょう。

朝イチの枠連オッズ表ですが上から順番に

1-2

2-3

2-5

となっていますよね。

1枠も少しアヤシイのですがここでは3枠に注目してください。

3枠5番は朝イチにおいて2番人気でした。

・・・

という事は3枠はいわゆる人気薄の6番が同居していますよね!

なので例の法則である

人気馬同枠の人気薄の激走

のオカルト馬券が使えるじゃないです!

つまり

このレース、

複勝異常オッズ&人気枠同枠の人気薄の激走なので

3枠6番を軸に、あとは上位人気に流せばOKでした。

結果の方は

ジャニュアリーステークス結果
  • 1着:3番アポロビビ(2番人気)
  • 2着:6番シャイニーブランコ(10番人気)
  • 3着:5番チェーンオブラブ(1番人気)

3枠の人気薄の方である6番が2着と連対確保!

そして人気だった3枠5番は惜しくも3着という結果でした。

嘘と思われるかもしれませんが本当に人気馬同枠の人気薄ってなぜか来ちゃうんです。

しかもこのレースは6番の複勝オッズが売れていたんで

競馬オッズ理論なら軽く獲れた馬券だったハズですよ。

馬連 3-6 6,920円は好配当

3連複も買えていたら

3-5-6 10,550円の万馬券でした!

この複勝オッズ異常&人気馬同枠の人気薄パターンは

探せば割とありますので

もし発見したら狙ってみてくださいね。

まとめ

今回は競馬の波乱を呼ぶのはオカルト馬券&複勝異常オッズ

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。