目黒記念【2021年】振り返り!!単勝オッズ断層2本の超絶万馬券炸裂

タイトルではまるで的中したかのように見えますが先にお伝えしておくと

残念ながら半分的中で半分はハズレ!

という結果に終わりました。

ですがよくよく考えてみると大波乱要素も十分考えられたオッズでしたので

今回は

2021年目黒記念を朝イチオッズから振り返りたいと思います。

朝イチ断層2本はとんでもない穴馬が来る可能性大

実は単勝オッズ断層2本のレースは大穴馬券になりやすい!

という事は別記事で紹介していました。

で繰り返しになりますが

朝イチ時点で単勝オッズ断層が0~2本しかない場合は波乱含みのレースになりやすいんですよね。

つまり

断層が少ないという事は

下位人気の馬が突っ込んできてもおかしくない!レースと言えます。

というのを踏まえて

2021年5月30日(日)東京競馬場第12レースにて行われた

目黒記念を振り返ってみます。

単複オッズ表ではちょっと断層がどこに入っているのかわからないので

断層表も追加します。

単勝オッズ断層は全体通して2本しかなく

  • 8番と15番の間
  • 7番と3番の間

にしかありません。

という事は下位人気にも十分チャンスがあるオッズだったんですよね。

・・・

と頭ではわかっていながら下位人気に手を出すのはちょっと気が引けます(言い訳)

まぁいつもの通り馬券術としては

複勝オッズの整合性から入り

今回の目黒記念でいうと

14番ゴールドギアの複勝が怪しいと見ました。

  • 5番:ウインキートス 複勝オッズ 3.4倍
  • 14番:ゴールドギア 複勝オッズ 5.3倍→異常オッズ
  • 2番:トラストケンシン 複勝オッズ 3.4倍

14番の複勝オッズ5.3倍は上下の馬に比べて高く複勝異常オッズとなっていました。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から注目馬は5番及び2番があぶり出されます。

・・・・

で今回はどう考えても5番が来る!と確信。

※この辺りはスイマセン。。企業秘密です(笑)

そして話は前後しますが

オッズ断層の入り方と枠連人気からも

相手は上位人気の8番と11番で問題なし。

馬連は5番→8・11

そして勝負馬券は

5・8・11の3連複及び3連単も珍しく(笑)買っちゃいました。

で結果はご存じの通り

  • 1着:5番ウインキートス(8番人気)
  • 2着:8番ヒートオンビート(2番人気)
  • 3着:3番アドマイヤアルバ(15番人気)

狙い通り5番→8番の決着で

馬連は見事(笑)的中だったんですが

なんと3着にとんでもない馬が来ちゃいました!

でよく朝イチオッズと断層を確認すると

3番は2本目のオッズ断層の下(笑)

に配置されているじゃないですか。

う~ん、さすがに結果をみると買えない馬券ではなかったのですが

手を出しづらいオッズではありました・・・・。

そして4着は11番が入り

私の3連単3頭ボックスは惜しくも外れちゃいました・・・。

着ていたら

配当2万6千円ほどついたんですけどね。

3番がいなかったら完全的中でしたが

トータルではプラスでしたので良しとしましょう(強がり)

という事で今回の教訓は

オッズ断層が少ないレースはどんな馬がきてもおかしくない!

でした。

今後も超大穴が突っ込んでくる可能性もあるので

朝イチのオッズ断層にはくれぐれもご注意ください。

まとめ

今回は目黒記念【2021年】振り返り!!単勝オッズ断層2本の超絶万馬券炸裂

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。