競馬は絶対的1番人気馬がなぜか3着になってしまう?狙うのは同枠人気薄?

もう何度も過去記事でもお伝えしたのですが

絶対的1番人気ってあまりにも人気が高すぎるとそのプレッシャーのせいか

勝ち切れず2着や3着になっちゃう事って多くないですか?

これって競馬ファンなら賛同してくれると思います!

それで連対するのは何故かわかりませんが人気馬の同枠人気薄って事があります。

この人気馬の同枠人気薄パターンも本当に数えきれないくらいありますよ。

という事で再現性の高い

1番人気同枠人気薄が激走したレースを早速ご紹介していきますね。

単勝1.2倍の1番人気馬が3着惜敗!代わりに来たのは?

上の表は2021年9月18日(土)中京競馬場第10レース、大府特別の朝イチオッズ表です。

で見てもらうと朝イチオッズから

13番の単勝がスゴイ事になっていますよね!

13番の朝イチ単勝オッズは1.3倍と他馬を寄せ付けない売れ行きとなっていました。

私は競馬新聞を見ないのでわかりませんが

各予想記者の印も13番に当然◎がズラっと並んでいたのではないでしょうか。

それはオッズにも表れており

13番の単勝オッズ1.3倍に加えて

複勝オッズも当然1.1倍の1位。

強さを示すデータマイニング指数もタイム型、対戦型共に1位でした!

私のオッズ理論でも

朝イチの単勝&複勝1位かつデータマイニング指数共に1位を獲得している

いわゆるBIG4はかなり信頼度が高いです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんですがさすがに単勝1.3倍というのはいくらなんでも売れすぎです。

この単勝オッズがせめて1.8倍くらいならまぁ許されるオッズですが

あまりにも単勝が売れている場合は何かが起こります(笑)

なのでこのレース、勝負レースには適しておらず、見するのが正解でした。

でもう一度この記事の冒頭でお伝えしたかった現象が起こる訳なんですよね。

つまり

1番人気馬の同枠人気薄の激走が起こってしまいました(笑)

朝イチ1番人気の13番の同枠、つまり8枠の人気薄は12番でした。

まぁ人気薄といっても

12番は単勝オッズ的には6番人気だったので決して全く狙えない馬だったんですけどね。

そして12番が狙えた理由は複勝オッズにも表れていました!

  • 12番:アドマイヤメティス 複勝オッズ3.2倍
  • 11番:ジロー 複勝オッズ4.2倍→異常オッズ
  • 6番:サトノクライム 複勝オッズ3.1倍

単勝人気順で上から見ていくと11番の複勝オッズが4.2倍で上下の馬に比べて異常に高い、いわゆる複勝異常オッズ馬となっていました。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

からも12番は大穴候補として浮上していた!という事になります。

もし12番及び6番から単勝人気上位馬に流せていたら

結果

  • 1着:12番アドマイヤメティス(6番人気)
  • 2着:9番タガノウィリアム(2番人気)
  • 3着:13番バーデンヴァイラー(1着)

の馬券は獲れていました。

朝イチ単勝オッズ1.3倍の13番は最終オッズ1.2倍とさらに人気を集めておりましたが

なんとか3着を確保した!という感じで13番から馬連を買っていた人は残念ながらハズレ!

馬連9-12 8,000円

の好配当でした。

このレースもそうなんですが

1番人気がコケた時こそ儲けるチャンスがあります!

2番人気ー6番人気の馬券ってそんなに難しくはないですよね。

もし12番が来そう・・・と読めていたら獲れる馬券でありました。

それにしても人気過ぎる馬はなぜか2着や3着に落ちる!

という現象は今後も必ず起こりえるパターンなので

1番人気の絶対視はせず、負けるかも?という意識を持って馬券検討してみてくださいね。

まとめ

今回は競馬は絶対的1番人気馬がなぜか3着になってしまう?狙うのは同枠人気薄?

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。