競馬予算を3000円で勝つためには馬券をどのように購入するべき??【馬券購入術】

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン改め

競馬オッズマーケターのチョコぱんです。

さて今回もいつものオッズ理論ではなく、

競馬予算を3000円とした場合の馬券購入方法についてお伝えしたいと思います。

なぜ競馬の予算が3000円なのか

ちなみに競馬の予算が3,000円というのは

1レースの資金が3,000円とした場合の馬券購入方法となります。

別に1日の競馬で使えるお金が3,000円でもいいのですが、

その場合は1日1レース限定で勝負という感じですね。

ではなぜ競馬の予算を3,000円なのかをお伝えしますね。

結論から言うと個人的に3,000円くらいが競馬をするサラリーマンにとって

ちょうどいい軍資金といえるからです。

仮に3,000円負けたとしたら痛いのは痛いでしょうが

3日分のランチ+飲み物代を弁当にする金額と考えたら妥当な金額ではないでしょうか。

もしこの3,000円という金額が10倍の30,000円勝負!となった場合

当たればいいのでしょうが、負けたらそれこそ1か月は弁当生活となります。

もちろん奥さんが弁当を作ってくれればいいのでしょうけどね(笑)

一般的なサラリーマンのお小遣いって1か月3万円程度と言われています。

その貴重な30,000円を何が勝つかわからない競馬にそっくりそのまま使うのは正直危険で何一つイイことがありません(笑)

という事でサラリーマンが競馬で負けてもかすり傷程度で済む額は

3,000円程度が妥当かなと思います。

競馬予算3000円で馬券をどのように買うのがベスト?

それでは3,000円の競馬軍資金でどのように馬券を買うのがいいのか?

個人的によく使う戦法をお伝えいたします。

実は3,000円を使って馬券を購入する方法はいろいろありますので順番にご説明しますね。

1頭軸から馬連流し3点+馬単マルチ6点

私が好んで使う馬券購入方法が

1頭軸から馬連相手3点、及び馬単マルチ6点という手法です。

この買い方だと1点300円購入、合計9点2,700円で勝負します。

もちろん残りの300円を使ってもいいんですけどね。

でこの買い方のポイントは

強い1番人気でおそらく1着もしくは2着は堅い場合で相手も3点に絞れそうなときに使います。

オッズ理論でいえば1番人気が信頼できるオッズの時で

人気上位で決まりそうな場合です。

で馬単マルチをあえて購入するのは

強い1番人気が2着に敗れた場合の回収率の跳ね上げを期待しての購入方法です。

馬連のみを購入するより馬単も合わせて買うと長い目で見た場合、回収率も変わってきます。

さらにこの馬連3点+馬単マルチ6点の購入方法のアレンジ版として

馬連3点+馬単オモテのみ3点、合計6点購入というのもしたりします。

コチラは自信のある馬が1着は外さない!という場合のみ使いますね。

複勝同一オッズ2頭から相手2点流し

コチラはオッズ理論を使った購入方法ですが

私の基本のオッズ理論である

複勝同一オッズ2頭を軸として相手2点へ流す買い方です。

この買い方だと点数は馬連で4点となり1点当たりの点数は

700円となります。

でこの複勝同一オッズ流しのポイントは複勝同一オッズ同士で決着する場合もあるのですが個人的には

複勝同一オッズが1着2着になるケースはそう多くないので

基本は買わない方が多いですね。

でも気になる場合は抑えた方がいいかもしれません。

その場合は買い目は5点、1点当たり500円となりますね。

単勝1,000円複勝2,000円購入パターン

1頭は来そうな馬はわかるけど相手が全く分からない場合は

単勝1,000円、複勝2,000円という買い方もよくします。

でこの買い方ですが1番人気には使いません。

どちらかというと2番人気、3番人気やダントツの1番人気がこけそうな場合に使用します。

あまり儲からないイメージがある単勝複勝ですが10倍以上の単勝が来た場合の回収率はすさまじいですよ!

1番人気を外した馬連5頭ボックス

単勝1番人気がこけそうな時に使うもう一つのパターンとして

1番人気を外した馬連5頭ボックスも有効な買い方です。

この買い方は1点あたり600円ですがコチラも破壊力満点です(笑)

上手くいけば万馬券も狙える購入方法です。

まとめ

今回は競馬予算を3000円で勝つためには馬券をどのように購入するべき??【馬券購入術】

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。