競馬単勝オッズ1倍台が惨敗する仕組みとは?危険なオッズを検証する

私の過去記事ではすでに何度か登場した

単勝1番人気が惨敗するパターンですが

今回も懲りずにご紹介したいと思います。

やはり競馬なので絶対的なレースはありませんが

単勝1倍台ほど怖いものはありません。

でも事前に危険を察知できればそれだけ馬券でもイタイ目に合わずに済むでしょう。

という事で危険な単勝オッズ1倍台のパターンを探っていきます。

朝イチオッズ1倍台から数値が上がる馬は危険?

今回紹介する馬なんですが先に結論を言いますと

朝イチ単勝オッズ1倍台から

直前オッズでは単勝オッズが2倍台になってしまうんですよね。

このように朝イチオッズから数値が上がる、

つまり人気が落ちる1番人気は非常に危険です。

では実際にどんな数値の動きをしたのか、確認してみましょう。

1番人気は9番ソニックムーヴで

単勝オッズは1.6倍、複勝オッズが1.3倍となっていますよね。

で個人的にはもうこの時点でもアヤシイ1番人気となっているのですが(笑)

もし単勝オッズが1.6倍であれば

複勝オッズは1.1ばいじゃないと釣り合わないと思いませんか?

なのに複勝オッズが1.3倍というのはどうも信用されていない1番人気といえます。

でさらに決定づけるのが見出しでもお伝えした

オッズの上昇ですね。

直前オッズでは

9番の単勝オッズは2.4倍にまで上がっています。

という事はちょっと、というよりかなり危険な1番人気といえますね。

であればここは6枠2頭から買ってみたくなります。

馬連は

11・10→9・14・11・2・10・13

の9点買いで勝負です。

結果は

  • 1着:13番タツリュウオー(6番人気)
  • 2着:11番ビットフォル(3番人気)
  • 3着:1番トニーヒアロ(7番人気)

と入り、軸指定の11番は2着を確保してくれ的中です。

そして1番人気の9番は惜しくも4着でしたがやはりオッズが影響したのか

3着にも食い込みませんでした。

馬連 11-13 4,870円の高配当ですが

よくよく考えてみると

私のカンタン馬券術(笑)

1番人気外し馬単ボックス馬券でも的中でしたね!

つまり1番人気の9番を外した馬単ボックスなので

上位から

馬単 14・11・2・10・13

の合計20点買いでも的中で

馬単 13-11

は10,680円の万馬券でした!

ダントツの1番人気さえ着外になれば上位人気同士でもまず高配当なのは

嬉しいですよね。

しかも何も考えず馬券が買えるというのもいいです。

という事で

最後にまとめると

朝イチオッズが1倍台でも直前オッズで人気が甘くなる1番人気には気をつけろ!

という感じです。

1番人気でも消える時は消えるので是非このようなオッズが

出現したら疑ってかかってくださいね。

まとめ

今回は競馬単勝オッズ1倍台が惨敗する仕組みとは?危険なオッズを検証する

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。