競馬複勝馬券で確実に利益を補填する!!貯蓄するなら複勝オッズで複勝買い

私の記事で何度かお伝えしたかもしれませんが

私が好んで購入する馬券種は馬連&馬単、そして単勝&複勝です。

でこの中で一番的中させやすいのはもちろん複勝ですよね!

複勝というと儲からない、もしくは大金を投入しないと儲からないと思われがちですが

複勝1点で仕留める事ができたら十分儲ける事は可能です。

要するにトリガミを心配する必要はありません。

後は複勝をいつ買うのか?なんですが

複勝で儲けるにはちょっとしたコツがあります(笑)

あっ、一応言っておきますが1.1倍のガチガチの複勝を狙うのではありません。

かといって複勝の大穴を狙うのはちょっとリスクがあります。

ではどのように複勝で儲けるか?

なんですがヒントは朝イチオッズのインサイダー馬券です(笑)

という事で複勝で儲けるコツを朝イチオッズでお伝えしたいと思います。

単勝オッズと比較して大きな複勝買いが入っている場合は複勝1点勝負!

見出しにも書きましたが複勝で儲ける方法は

単勝オッズと比較して大きな複勝買いが入っている馬の複勝1点勝負

となります。

文章で書いているのでわかりにくいと思いますが要するに

一般的な人気馬だと

単勝1.5倍 複勝1.1倍

みたいなイメージだと思います。

この単勝オッズと複勝オッズは私の基準でいうと

単勝と複勝のバランス、つまり整合性が取れている状態です。

・・・

ですがもしこの法則が崩れていたらインサイダー馬券の可能性があるんです。

そんなオッズってあるの?

と思われると思いますが朝イチオッズに限って言うと出現したりするんです!

上の表は2021年10月30日(土)阪神競馬場第12レースの朝イチオッズ表なんですが

先ほどお伝えした

単勝オッズと複勝オッズのバランスが崩れている馬に注目すると・・・

5番:イツカハシャチョウ 単勝オッズ4.1倍 複勝オッズ1.1倍

朝イチ1番人気の5番は

単勝が売れていないのに複勝オッズは極限に売れているのがわかります。

このように

複勝オッズが大きく売れているのに単勝オッズは売れていない馬は

複勝買いのチャンスです!

つまりインサイダー馬券に乗っかる!のが進化系オッズ理論の必勝法となります。

で注意してほしいのは

欲を出して単勝や馬連&3連複に手を出さないこと。

あくまでも券種は複勝1本勝負です。

もし他に理論があればもちろん勝負してもいいのですが(笑)

(私のパスワード記事、枠連法則購入者さまなら別の話)

それでも私の経験上、インサイダー馬券でも足元をすくわれる可能性があります。

という事で

このレースは複勝5番の1本勝負!

さて結果なんですが・・・・

阪神12レース結果
  • 1着:7番ムエックス(1番人気)
  • 2着:9番ダンツチョイス(3番人気)
  • 3着:5番:イツカハシャチョウ(2番人気)

うまい具合に5番は連対せず3着を確保!

そして複勝のみの購入なので無事的中です。

馬連だったらハズレなのでやはり複勝は極めたら最高に儲かります(笑)

複勝5番の配当は160円ですが

1点買いなので当然回収率は160%ですね!

この回収率160%は3連単でも維持するのは正直難しいです。

であれば複勝1本で当てに行く方がよほど健全かつ安定して利益を出す事も可能ですよ!

まとめ

今回は競馬複勝馬券で確実に利益を補填する!!貯蓄するなら複勝オッズで複勝買い

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。