フェブラリーステークス(2022年)振り返り!!人気馬に隠されたオッズの盲点とは?

さて今回は

2022年2月20日(日)東京競馬場第11レースにて行われた

第39回フェブラリーステークス(GⅠ)を朝イチオッズにて振り返りたいと思います!

もうすでに結果はご存じと思いますが

人気上位馬同士の決着の割には配当が良かったと思いませんか?

実は配当がいい、つまりオッズ的にはオイシイ馬券だったのですが

そのオッズの盲点で人気馬が買えた!というお話をご紹介しますね。

フェブラリーステークスでも見るべきポイントは複勝オッズ&枠連人気!!

上の表はフェブラリーステークスの朝イチオッズですが

単勝オッズでは割と混戦模様というのが読み取れますよね。

正直どの馬が勝つのか難しい!と思われた方も多いと思います。

ですが見るべきポイントはやはり複勝オッズと枠連人気でした!

まずは複勝オッズから見ていきましょう。

パッと見た感じではわかりにくいのですが

複勝オッズが売れている馬が複数いるのですが特に気になる馬が2頭ほどいます。

15番:テイエムサウスダン 複勝オッズ 2.2倍

15番は単勝4番人気でありましたが複勝は1番人気5番レッドルゼルに次いで

2番人気の2.2倍と売れていました。

あともう一頭は下位の

8番サンライズノヴァも複勝4.9倍で単勝人気より売れてはいたのですが

複勝オッズ以外に強調材料がなかったので今回に限っては15番を上位としました。

ちなみに今回のフェブラリーステークスですが

オッズは割れ加減で一目荒れそうにも見えるのですが

オッズ断層は2本で特に

4番と3番の間に1.7倍の断層があったので

断層前決着の可能性が高い!と見ました。

この辺りの感覚はなかなか言葉で表現できないのですが

オッズ断層を意識して予想すると割と来る馬が絞れてきたりします!

では予想のもう一つのポイントである枠連人気をチェックしてみましょう。

朝イチオッズの枠連ですが

2-3

3-8

3-6

の順番となっているのがわかりますよね。

3枠は1番人気及び2番人気なので当然3枠から売れるのは当然ですが

その次に

2枠そして8枠が売れているのが気になります。

2枠は4番及び3番で単勝人気でいうとそれぞれ6番人気&7番人気に配置されており

8枠は複勝オッズ2.2倍の15番が4番人気となっていました。

この枠連人気と単勝人気との関係ですが

2枠及び8枠どちらも

枠連人気>単勝人気の馬は激走しやすい法則

に該当しています!

では2枠の4番3番さらに8枠15番から馬券を絡ませれば馬券は獲れそう!

ですが今回は

15番を上位に獲りました!

本来であれば2枠の2頭はオッズ断層前後に配置されているので狙っても不思議ではないのですが

決め手は15番の複勝オッズが売れていた点!

これはお伝えした通りです。

そしてもう一つは・・・・

ゴメンナサイ。15番を推せる企業秘密があったため

ここでは15番から上位、特に3枠2頭が馬券に絡む可能性が高い!と踏んで

勝負です。

結果の方は・・・

フェブラリーステークス結果
  • 1着:6番カフェファラオ(2番人気)
  • 2着:15番テイエムサウスダン(5番人気)
  • 3着:11番ソダシ(4番人気)

強い勝ち方をした6番はまぁ良しとして

狙った15番は鞍上岩田の好騎乗で見事に2着を確保してくれました!

15番ですが最終的にも5番人気とそれほど人気は上がらなかったのですが

やはり朝イチ複勝オッズ2.2倍は伊達ではないですね!

でも本当は単勝も狙っていたので惜しかったのですが複勝も思いのほか配当が良くてラッキーでした。

複勝15番は310円の配当

馬連 6-15 2,640円で馬連は人気の割に結構つきましたね!

ちなみに私ですが本業で時間がなかったので15番の単複だけ買っておりました(笑)

そしてよりビックリしたのが3連複で

3連複 6-11-15 16,200円

はツキすぎでしょ(笑)

3着に入ったソダシですがアイドルホースだけあって人気先行で

コチラも人気の盲点だったと言えますね。

この配当はかなりオイシイですよ。

もし時間があったら買えていたのに(笑)

という事で

2022年フェブラリーステークスは

複勝オッズ&枠連人気さえ把握できていれば15番は読めたはずですし

もし2枠2頭も来るかも・・・という場合でも

フォーメーションで買えば獲れた馬券でしたね!

なのでどのレースでもそうですが朝イチオッズにおいて

複勝オッズ&枠連オッズと人気だけは見る訓練をしてみてくださいね。

まとめ

今回はフェブラリーステークス(2022年)振り返り!!人気馬に隠されたオッズの盲点とは?

最後までお読みいただきありがとうございます!!

2 件のコメント

  • おはようございます。
    お世話になっております。
    今日の記事を拝見して、私は1番と10番が複勝同一オッズてしたのでそちらから入ってしまいハズレました。
    15番も複勝異常オッズでしたので買い目には入れましたが
    複勝同一オッズと複勝異常オッズが、発生している場合は
    どちらが、優先順位が高いでしょうか。
    ご多忙の中、ご教授よろしくお願いします。

    • Iさま

      いつも記事を見ていただきありがとうございます!
      ご質問の件ですが
      複勝同一オッズが一番絡む可能性があるのは
      1.5倍~2.0倍までで
      もう少し幅を広げると3.0倍前後までです。
      なので今回1番及び10番が5.1倍の複勝同一オッズ並びでしたが
      確率的にはちょっと厳しいかな~というのが私の印象でした。
      ちなみに別件ですが
      ルメールの単勝オッズ10倍以上の馬が馬券になる事はかなり低いです。
      私の記憶ではヴィクトリアマイルのアドマイヤリードくらいかなと(笑)

      参考にしていただければ幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。