競馬人気馬でも利益を出す買い方とは?上位人気でもオッズから軸を選定する方法

突然ですが競馬で勝つには2つの方法があります!

まず一つ目は人気馬から買って的中率を上げる方法。

そしてもう一つは

あまり人気のない激走馬から買って穴を取る方法。

で競馬本とかにも書いていますが

人気通りの馬を買っても儲からない!

競馬あるあるですが人気馬同士の決着でも買い方次第では十分に儲かります。

むしろ人気馬の決着は安心してレースを見ていられるから精神的には本命馬のレースの方が当てやすいかもしれません。

という事で今回は

オッズから人気馬を見つけつつ、利益を出す買い方についてお伝えします。

人気上位馬を複勝オッズから軸を決める!

上の表は2021年11月7日(日)東京競馬場第2レースの朝イチオッズ表です。

このレースですが

一見18頭立ての多頭数で予想しづらそうに見えますが

オッズ理論からいくと本命戦のレースで本命党なら絶対逃したらいけません!

その理由はオッズ断層にありました。

単勝オッズ断層は全部で3本入っていたのですが

その内の2本はとても大きな断層があったのです。その内の2本目目の断層ですが

4番人気と5番人気との間にとてつもなく(笑)大きな断層があったんです。

  • 2番:ミッドナイトミニー 単勝オッズ6.5倍
  • 3番:カブラローラ 単勝オッズ17.0倍

※2番と3番との間には2.6倍ものオッズ断層がありました!

通常オッズ断層は1.5倍以上あると断層が入っている、といいますが

この2.6倍の差は大きい!

という事は少なくとも4番人気までで馬券が決まる可能性が非常に高そう、と読みます。

では上位人気の4頭のボックスで買う、

でもいいのですが上位人気だからこそ軸を決めて狙い撃ちしてみます。

では4頭から軸を決めたいのですが

なぜか複勝オッズが異常に売れている馬がいますよね?

  • 4番:フォロロジー 単勝オッズ 6.2倍 複勝オッズ 1.1倍

4番は朝イチ3番人気ながら

なぜか複勝オッズは1.1倍と大きく売れていました!

このように

1番人気じゃないのにも関わらず複勝オッズが大きく売れている馬は好走率が高いです。

という訳で複勝オッズから

文句なしの4番を軸に設定。

最後に買い方ですが

ここは馬連&馬単マルチの相手も上位3頭に絞って

馬連 4→10・16・2の3点

馬単 4↔10・16・2の6点

合計9点で勝負です。

さて結果なんですが・・・・

東京第2レース結果
  • 1着:4番フォロロジー(2番人気)
  • 2着:16番レッドアヴァンティ(3番人気)
  • 3着:14番ナザレ(7番人気)

朝イチ複勝オッズ1.1倍の本命だった4番が2番人気まで上昇して見事に1着!

そして2着にも3番人気の16番が突っ込み無事的中です。

馬連 4-16 1,180円

馬単 4-16 2,350円

本命同士の決着でしたが

いずれも4桁配当なら十分でしょう!

このように本命レース&軸馬まで読めたら

あとはエイヤ!と買うだけです。

さらにこういったレースは割と頻出しやすいオッズパターンなので

是非是非必勝法として覚えていただくと幸いです!

まとめ

今回は競馬人気馬でも利益を出す買い方とは?上位人気でもオッズから軸を選定する方法

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。