競馬単勝300万買いの裏には同枠人気薄とオッズの歪みがあった?馬連万馬券のオッズ解説

競馬のオッズを見ると本当に不思議なもので

当然箸にも棒にも掛からないレースもあれば

オッズを読み取れば当てられるレースも存在します。

で今回紹介するレースは馬連万馬券だったのですが

オッズさえ見れば全く無理な買い目ではありませんでした。

そしてそしてよくよくオッズを分析すると

忘れた頃にやってくる(笑)

同枠人気薄の馬と複勝オッズの歪みの馬が馬券に絡むレースだったんですよね。

しかもなぜか単勝300万買いをされていたというレースを紹介します。

オッズ理論上級者向けの人気薄複勝オッズをチェック

上の表は2021年7月24日(土)函館競馬場第2レースの朝イチオッズ表です。

でこのレースのポイントはたったひとつ、

複勝オッズの歪みですね!

複勝オッズの歪みをわかりやすくいうと

単勝オッズ人気順に対して複勝オッズの人気が一致していない箇所を探していきます。

するとアヤシイ箇所が2か所ほど存在します。

  • 4枠7番:オウケンビリュウ 複勝オッズ 4.0倍
  • 3枠5番:カフジアマリージャ 複勝オッズ 5.0倍→異常オッズ
  • 5枠10番:セリシア 複勝オッズ 4.3倍
  • 1枠2番:マテンロウアスカ 複勝オッズ 4.4倍
  • 1枠1番:マラブコーブ 複勝オッズ 7.5倍→異常オッズ
  • 4枠8番:コートゴシップ 複勝オッズ 7.9倍→異常オッズ
  • 2枠4番:ロジネイア 複勝オッズ 4.0倍

少し頭数が多いですが複勝オッズの歪みで見ると

5番及び1番8番の複勝オッズが上下の馬に比べて異常に高い、いわゆる異常オッズとなります。

複勝異常オッズの上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から狙いの穴馬は

7番10番2番4番の4頭。

ただ4頭だと少し多いのでこの中でもさらに絞るために枠連人気を見てみます。

枠連1番人気は5-6でした。

5枠には1番人気の9番がいるので当然ですが

よく思い出してください!

人気馬の同枠の人気薄を狙え

だと5枠10番が複勝オッズから該当しますよね。

という事で

穴馬4頭のうち5枠10番がピッタリの狙い目です。

結果は

  • 1着:10番セシリア(5番人気)
  • 2着:4番ロジネイア(11番人気)
  • 3着:9番エアシュラブ(1番人気)

狙った10番はまさかの1着!でしたが最終人気はなんと5番人気まで上昇していました。

調べてみると締め切り直前に300万もの大量投票が10番に入っていたんです。

さすがにこんなに人気になるとは思いませんでしたが

複勝オッズと人気枠の人気薄から10番は狙えましたね。

で注目は2着に入った4番!

実は4番も複勝異常オッズの下でしたので結果的に複勝オッズの歪み同士の組み合わせとなりました。

もし馬連が買えていたら

4-10 17,860円

も的中となります。

ちなみにこのレース、オッズ断層が上位に集中していたので

この組み合わせを購入するのは厳しかったですが

たまにはこのような穴馬同士の組み合わせも突っ込んできたりするので

遊びで買うのもいいかも。

もしくは人気馬+穴馬のボックス買いで

3連複 4-9-10 22,930円

も的中可能でした。

正直かなり難しいレースで手を出すのはリスクが伴いましたが

このような複勝オッズの歪みはよく穴を開けるので

覚えてもらえれば幸いです。

まとめ

今回は競馬単勝300万買いの裏には同枠人気薄とオッズの歪みがあった?馬連万馬券のオッズ解説

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。